現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 「防災・安全」のお知らせ > 警戒レベルを用いて避難勧告等を発令します

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月12日

警戒レベルを用いて避難勧告等を発令します

平成30年7月豪雨の教訓を踏まえ、平成31年3月に内閣府において「避難勧告等に関するガイドライン」が改定されました。

今回の改定では、水害・土砂災害に関して避難情報発令の際に市民のかたが情報をより理解しやすいよう、5段階表記による「警戒レベル」を用いて運用することになりました。

  • レベル5(市町村発令):災害発生情報
    既に災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとってください。
  • レベル4(市町村発令):避難指示(緊急)・避難勧告
    速やかに安全な場所へ避難しましょう。
  • レベル3(市町村発令):避難準備・高齢者等避難開始
    避難に時間を要するかたは避難を開始しましょう。
    そのほかのかたは、避難の準備に取りかかりましょう。
  • レベル2(気象庁発表):大雨・洪水注意報等
    ハザードマップ等により自らの避難行動を確認しましょう。
    避難に準備を要するかた(高齢者、障害者、乳幼児など)は避難の準備に取り掛かりましょう。
  • レベル1(気象庁発表):早期注意情報
    テレビやラジオ等により、降雨の情報収集に努め、また、災害への心構えを高めましょう。

防災行政無線による警戒レベルを用いた例文

    緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
    緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
    こちらは防災とりでです。
    ○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。
    利根川・小貝川が氾濫するおそれのある水位に到達しました。
    ○○地区のかたは速やかに全員避難を開始してください。

関係リンク

取手市洪水ハザードマップ

取手市土砂災害ハザードマップ

水害時指定緊急避難場所・指定避難所

参考資料

警戒レベルに関するチラシ(内閣府作成)(PDF:2,703KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

安全安心対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-3450

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱