現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 防災 > 災害に備える > 非常持ち出し品リスト

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年6月27日

非常持ち出し品リスト

平時には災害に備え、すぐに避難できるように非常持ち出し品リストを事前に確認しておきましょう。リュックサック等のカバンに入れて玄関や寝室等、持ち出しがしやすい場所に用意しておきましょう。

非常持ち出し品の準備

非常持ち出し品リストを参考に、ご自身の環境に合わせて必要なものを準備しましょう。また、定期的に持ち出し品の中身を確認しましょう。

非常食

□飲料水(1日1人3リットル、3日分で9リットル)、□食料品(カンパン、缶詰類、ビスケット類、インスタントラーメン、乳児がいる場合はミルクや乳児セット)最低3日分

健康・清潔

□救急医薬品(常備薬、持病薬、キズ薬、消毒液、絆創膏など)、□着替え(下着含む)、□タオル、□トイレットペーパー、□ウエットティッシュ

貴重品

□現金(小銭含む)、□預貯金通帳、□印鑑、□健康保険証、□運転免許証(身分証明書)

情報収集用品

□携帯ラジオ(予備電池含む)、□携帯電話・スマートフォン(手巻き式充電器含む)、□筆記用具

便利品など

□懐中電灯(予備電池含む)、□笛・ブザー、□軍手、□マスク、□毛布、□マッチやライター、□ビニール袋、□携帯トイレ

その他

□日常生活用品(眼鏡、入れ歯、紙おむつ、生理用品、粉ミルク、杖、防災ずきん)

飲料水と食料を備蓄するポイント

ローリングストックを行うと簡単に備蓄ができます。特別に非常食を用意するのではなく、日常的に使用している保存性の良い食料品を少し多めに買い置きし、その備蓄した食料品を定期的に食べて、食べた分を買い足すローリングストックが無駄がなく有効です。

ライフライン(電気、ガス、水道)が停止した場合に備えて、カセットコンロ及びカセットボンベも備えておくと便利です。

様々な非常食があります。自分や家族の好みのものを実際に食べて備えておくことをおすすめします。

参考リンク

内閣府防災情報のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

安全安心対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-3450

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱