現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 文化芸術 > アートのまち > 戸頭団地壁面の大規模アート改修 全15面完成

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月7日

戸頭団地壁面の大規模アート改修 全15面完成

全国初、団地にオープンエア美術館が出現!住まいの風景を一新
団地住民の「物語」がアートを生み、新たな「定住」の理由を創る

特定非営利活動法人取手アートプロジェクトオフィス(本部:茨城県取手市、理事長:佐野吉彦、以下「TAP(タップ)」という。)と独立行政法人都市再生機構(本社:神奈川県横浜市中区、理事長:中島正弘、以下「UR都市機構」という。)が共同で2013年より開始したプロジェクト「IN MY GARDEN」。
2016年8月に全11棟15作品(面)の全作品が完成しました!

「IN MY GARDEN」(インマイガーデン)とは

TAPのコアプログラムである〈アートのある団地〉とUR都市機構による長期修繕の外壁補修工事とが連動した、団地外壁をアート作品化し、住環境の価値を高め、居住空間への愛着を紡ぐプロジェクト。戸頭団地(取手市戸頭)やその周辺に暮らす方々から集めた「戸頭団地にまつわる個人的なエピソード」をもとにアーティストの上原耕生氏が、団地の壁に「物語」を描きました。

作品マップ(PDF:454KB)(別ウィンドウで開きます)

作品マップ

「IN MY GARDEN」制作者紹介

 

 

  • 【アーティスト】上原耕生(うえはらこうお)
    1982年沖縄生まれ。2010年東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。
    取手をはじめ、群馬・沖縄・神奈川・鹿児島ほか各地での展覧会に参加。美術館やギャラリーといった場所にとらわれない、日常の生活空間の中での表現を試みている。素材や方法はその時々で選択しつつ、一貫して壁や空き地等を使い空間全体を作品化する表現を行なっている。2011年より茨城県大子町の精神科病院にて造形教室の非常勤スタッフとして創作活動のサポートもおこなっている。
  • これまでの活動
    2013年5月から:制作拠点「ヒラケゴマスタジオ」開設
    2013年6月から11月:エピソード集め「トビラ」型ポスト設置・集約
    2013年11月24日:作品プラン発表会開催
    2014年3月から6月:第一期工事(6街区)
    2014年7月から8月:第二期工事(4街区)
    2016年5月から2016年8月:第三期工事(7街区)
  • 「INMYGARDEN」そのプロジェクトタイトルに込められた意味とは
    例えば、キャンパスに描かれたお気に入りの絵を自室に飾るように、窓枠の向こう側に広がる景色や壁面を、空間のキャンバスとして見立てることはできないか。あるいはよくある“芝生の庭”の替わりに、ここだけの“垂直の白い庭”を皆が所有することはできないか。絵や庭を個人が所有するのと同じように、この生活空間が一人一人に所有されることを願って(上原耕生)

問い合わせ先

取手アートプロジェクトオフィス

  • 電話・ファクス 0297-84-1874(火曜日、金曜日のみ、午後1時から午後5時)
  • メールアドレス tap-info@toride-ap.gr.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

文化芸術課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。