現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 文化芸術 > アートのまち > 取手市オリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年10月22日

取手市オリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」

平成30年10月1日(月曜日)から10月5日(金曜日)に実施しました「アートプロジェクション」において投影を行った、取手市のオリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」をYouTubeの取手市公式チャンネルで公開しました。

取手市オリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」(YouTube取手市公式チャンネル)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

取手オリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」イメージ画像

オリジナルアニメーション「いいな、いいな。取手っていいな。」は、取手市の春・夏・秋・冬をテーマに制作された作品です。
オリジナルソングにのせ、アニメーション化された取手市の四季折々のイベントや風景などを表現しています。

オリジナルアニメーション制作者

アニメーションの制作は、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の修了生や研究助手を中心に組織された団体「アニメーション・パレット」のメンバー4名が担当

  • 飯田千里(春のアニメーション制作)
    フリーランスで映像制作、アニメーションを手掛ける。
    「PLAY」(SEKAI NO OWARI ライブ用映像)、「子ども安全リアルストーリー」、「オトナの一休さん」(NHK Eテレ)など
  • 野中晶史(夏のアニメーション制作)
    フリーランスのアニメーター、アニメーションディレクター。
    NHK Eテレ「0655・2355日めくりアニメ」、清水翔太「Friday」MVのアニメーション制作など。
  • 面高さやか(秋のアニメーション制作・オリジナルソング作詞)
    奈良出身。TVCM、幼児向け番組等のストップモーションを中心としたアニメーション制作、造形に携わる。
    また、大学講師やワークショップなど、アニメーションの教育分野でも活動。
  • 田中美妃(冬のアニメーション制作)
    2010年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。現在、ドローイングを中心としたアニメーション作家として活動中。
    NHK Eテレ「0655・2355」の日めくりアニメや、その他、MONGOL800のMV、CAINZのCM、舞台映像など、幅広く手がける。

オリジナルソング制作者

オリジナルソングの作曲・歌は、東京藝術大学音楽学部卒業後、幅広く音楽制作・活動を展開している音楽家が担当

  • 田川めぐみ(作曲)
    茨城県出身。クラシックからポップス、ジャズ、映画音楽などの作編曲やピアノ、キーボード、鍵盤ハーモニカなどの演奏活動、音楽教育事業のための音源制作、その他様々なコンテンツ事業の音楽制作も行う。
  • 角銅真実(歌)
    長崎県生、音楽家 打楽器奏者。
    打楽器、自身の声を用いて、バンドceroをはじめとする様々なライブサポート・作品制作に携わる他、CM、映画、ダンス作品の音楽制作など、作家としての自由な表現活動を国内外で展開している。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

中心市街地整備課 

茨城県取手市西2-35-3

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-6040

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱