現在位置 ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 学校教育 > 学校給食の異物混入調査報告及び今後の対応について

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年1月31日

学校給食の異物混入調査報告及び今後の対応について

取手市立藤代小学校において、取手市立学校給食センターが提供した給食に異物(金属片)が混入する事案が発生しました。

児童生徒及び保護者の皆様、市民の皆様に、多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

概要

平成31年1月28日月曜日午後0時45分ごろ、取手市立藤代小学校6年生児童が食べ終えた「わかめスープ」のお椀の底に、長さ4センチ、太さ0.3ミリの金属片が残っていたことに本人が気づき、担任に報告がありました。

本人は異物を口に入れておらず、本人にけがはありませんでした。1月29日も元気に登校しています。

また、同じ学校の他の児童や他の学校からは、このような異物混入の報告はありませんでした。

  • 混入していた異物

給食で「わかめスープ」に混入した金属片と比較のため隣に置かれている定規

取手市立学校給食センターで提供する学校

  • 小学校藤代地区6校
    山王(さんのう)小学校、六郷小学校、藤代小学校、宮和田小学校、久賀小学校、桜が丘小学校
  • 中学校藤代地区2校
    藤代中学校、藤代南中学校
  • 幼稚園藤代幼稚園

取手市立学校給食センターで提供する食数

  • 小学校、中学校、幼稚園で1日約2,500食

調査内容と今後の対応

今回の事故において混入が考えられる納入食材、調理器具、調理過程、配膳過程について、職員及び保健所において点検を実施しました。それぞれの過程で、できる限りの調査を行いましたが、原因を特定するまでには至りませんでした。

しかし、今回のような異物混入は二度と発生させてはならないため、今まで以上に衛生管理の徹底及び製造・納入業者への注意喚起を行い、それぞれの過程における再発防止対策について、徹底していきます。

食品納入業者

  1. 異物混入につながりかねない物の再確認と、その使用を避ける。
  2. 納入前に食材の異常の有無を確認。

学校給食センター

  1. 異物混入につながりかねない物の再確認と、その使用を避ける。
  2. 納品時に目視確認と調理前の確認を行っているが、今後も事前の徹底した再チェックを確実に行う。
  3. 施設、設備面、調理器具の日常点検及び調理作業前、中、後の確認の徹底を行う。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

学務給食課 

茨城県取手市藤代700

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-83-6610

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱