現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 外国人による日本語スピーチコンテスト(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年1月21日

外国人による日本語スピーチコンテスト(アロノフ)

昨日2月25日(日曜日)に水戸市にある県民文化センターで第27回外国人による日本語スピーチコンテストが開催されました。今回のコンテストには取手市国際交流協会で日本語を学習されているベトナム出身のグエン・ティ・レーさんがスピーチ発表者として参加されましたので、私も取手市国際交流協会の方々と応援のため会場に駆けつけました。

レーさんをはじめとした外国人発表者の皆さんは総勢15名いらっしゃり、在日期間が1年未満から7年以上まで、さらに技能実習生や会社員のかたなど、様々なバックグラウンドをもっている方々でした。発表者の皆さんは自分自身の日本での体験談や日本に滞在して感じたことを感情やジェスチャーを交えながら思い思いにスピーチをされていました。

レーさんの気になる結果は…数ある賞の中から栄えある「ひばり賞」を受賞されました。この賞は参加者すべてがもらえるわけではなく、「茨城県知事賞」(金賞)、「茨城県議会議長賞」(銀賞)、「茨城県教育長賞」(銅賞)に次ぐ賞です。レーさん、おめでとうございました。

「外国人によるスピーチコンテスト」は、外国の方々のものの見方、茨城県で生活している上で感じたことなどを聞くことにより、国際理解を深めて日本人と外国人が互いに協力して生活する多文化共生社会への一助とすることが目的の事業です。この事業に参加したことは、私にとって、自分自身の個性や国籍などのアイデンティティについてあらためて考えさせられ自分自身を見つめ直すとともに、日本で生活する外国人の皆さんについて知るよい機会となりました。

このような国際理解を深める場は身近にもあります。例えば、取手市では取手市国際交流協会が外国人の皆さんとふれあいことのできる数多くのイベントを開催していますし、市としても姉妹都市であるアメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市との交流事業を実施しています。このページをご覧になっている皆様で取手市で国際理解を深めたいというかたは、是非秘書課へお問い合わせください。

取手市国際交流協会とユーバ市については下記のページからご覧いただけます。

取手市国際交流協会(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

ユーバ市(アメリカ合衆国)

「スピーチコンテスト」会場内の様子等

グエン・ティ・レーさんのプロフィール

会場内に置かれていたレーさんのプロフィールです。レーさんは藤代図書館主催・取手市国際交流協会共催の「がいこくごとにほんごのおはなし会」でもご協力いただいており、日本語がとても上手なかたです。

がいこくごとにほんごのおはなし会に参加しました(アロノフ)

レーさんの写真とプロフィール

スピーチ発表の様子

レーさんが壇上でスピーチされている様子です。タイトルは「美しい日本語」で自分の好きな日本語と聞こえの良くない日本語を比較しながら、聞こえの良くない日本語から生まれる言葉の暴力を嘆き、さらに教育などの社会問題に踏み込む内容の素晴らしいスピーチでした。

レーさんが着ている服はベトナムの民族衣装の「アオザイ」です。この言葉を文字通りに訳すと「長い衣装」という意味になります。

レーさんが壇上でスピーチをしている様子

表彰式の様子

このイベントにはキヤノン株式会社取手事業所様、株式会社常陽銀行様、株式会社筑波銀行様をはじめとした様々な企業・団体の皆様から協賛・商品提供がありました。レーさんが受賞された「ひばり賞」は、茨城県市長会様・茨城町村会様からでした。

事業を催す側の立場からすると、このように事業に対してご支援いただけることは非常にありがたく、また多くの皆様からの後ろ盾があることを誇らしくそして心強く感じると思います。日頃より取手市の事業にご理解・ご協力いただいております企業・団体の皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。

その他の賞として高校生が選んだかたに送られる「若人(わこうど)賞」、県内の日本語ボランティア団体の会員の構成員から成る特別審査員から送られる「日本語ボランティア賞」がありました。また、この特別審査員には取手市国際交流協会からも人員が派遣されています。

壇上にあがっているスピーチ発表者

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱