現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 歩く習慣と健康づくり 歩測(あるぱか)クラブ参加者募集(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年8月10日

歩く習慣と健康づくり 歩測(あるぱか)クラブ参加者募集(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。突然ですが、皆さんは健康のために日々運動をされているでしょうか。

私の場合、まずは簡単な運動からと朝昼どちらかの時間で30分以上歩くという目標を決めて始めても、いわゆる3日坊主(ぼうず)で終わってしまいます。そのたびに無理なく継続的に運動をする難しさを痛感します。

取手市は「歩く」ことを健康づくりの中心に位置づけ、子どもから高齢者までが健康で幸せに暮らせる「スマートウェルネスとりで」の実現を目指しています。例えば、ウオーキングイベントや健康運動教室を開催し、市民の皆様の元気な体をつくる運動の推進をしています。

また、今年度は市民の皆様の身体的な健康のため、運動をする生活習慣を作るきっかけになればなど、様々な願いも込めてチャレンジデーへも参加いたしました。

5月30日(水曜日)はチャレンジデー(アロノフ)

このたび、健康づくりのための新事業として「とりかめくんの歩測(あるぱか)クラブ」を実施します。事業参加者には期間中無償で活動量計を貸与されます。この活動量計に日々の歩数が記録されるほか、常設の測定スポットにある血圧計と体組成計で血圧、体脂肪率なども測定・記録できます。いずれのデータも専用ホームページ上において自動でグラフ化され、期間中の推移が一目で分かるようになります。このツールは皆さんの健康づくりのための力強い味方となってくれるでしょう。

事業への参加申し込みは8月15日(水曜日)までとなっています。運動をする生活習慣を作りたいと思われているかたも、普段から運動されていて今以上に健康へ意識を向けたいというかたも是非事業にご参加ください。

血圧計と体組成計

手前の機器が血圧計、奥にある人が乗っている機器が体組成計です。

肺活量計

分かりにくいですが、写真中央にある白く四角い機器上の細長い機器が活動量計です。血圧計と体組成計で測定したデータを取り込んでいます。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱