現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 田中良先生の作品を取手市内でも鑑賞できます(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年9月14日

田中良先生の作品を取手市内でも鑑賞できます(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。藤井市長が月・木・sayで取手美術作家展会員である郷土作家の金田鹿男先生の作陶展についてささやいていました。今回は取手美術作家展つながりで、同じく取手作家美術展に所属されている田中良先生についてささやきます。

金田鹿男先生の作陶展が開催されています 市長 藤井信吾

田中良先生は取手美術作家展に所属されているとともに、公益社団法人二科会の理事長をされています。二科会では例年開催される東京都美術館での春季展や秋の二科美術展示会のほか、数多くの作品展示会を主催されてきました。

歴史と伝統のある二科会は、9月17日(月曜日・祝日)まで国立新美術館において「第103回二科展」を開催しています。その展示会では田中良先生の作品「麦秋」が展示されています。アロノフも、田中先生の作品をはじめとした絵画作品のほか、展示されている彫刻・デザイン・写真の各分野の作品を鑑賞するため今週末に展示会場へ行ってまいりたいと思います。(これから会場に行かれるかたは入場時間と開催時間をご自身でも二科会のホームページで確認されることをおすすめします。9月14日現在のホームページ上のご案内では下記のようになっていました。)

開催日時

平成30年9月5日(水曜日)から9月17日(月曜日・祝日)まで

  • 午前10時から午後6時まで(入場は5時30分まで)
  • 金曜日は午後8時まで(入場は午後7時30分まで)
  • 最終日は午後2時終了(入場は午後1時まで)

取手市内で田中良先生の作品を鑑賞できます

ここで「田中先生の作品を東京まで行かなくても近くで鑑賞できないでしょうか…」と思われたかたはこの後の展開必見です。今回の二科展で展示されている作品ではないのですが、他の田中先生の作品を取手市内で鑑賞することができます。その展示場所をご紹介します。

取手ウェルネスプラザ

田中良先生の作品
田中良先生の作品「湖畔夕照」

取手美術作家展の先生方の作品がデザインの絵はがきを販売中

取手市役所文化芸術課の窓口において、田中良先生をはじめとする取手美術作家展の先生方の作品がデザインの絵はがきセットが販売中です。この絵はがきセットは取手市制施行10周年と20周年時に制作された記念絵はがきのうちから12点がセレクトされた復刻版です。この機会に是非お求めください。

文化芸術窓口に配置してある絵はがきセット

田中良先生の作品がデザインになっている絵はがき

田中良先生の作品がデザインになっている絵はがき
田中良先生の作品「JR取手東口風景」がデザインとなっている絵はがき

田中良先生の作品がデザインになっている絵はがき
田中良先生の作品「長禅寺山門」がデザインとなっている絵はがき

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱