現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 第1回ユーバ市派遣事前説明会を開催しました(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年11月8日

第1回ユーバ市派遣事前説明会を開催しました(アロノフ)

市はアメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市と姉妹都市協定を締結しており、ホームステイ等を通しての市民レベルでの交流をおこなっています。主な事業としては、ユーバ市派遣団派遣とユーバ市民訪問団受入です。昨年度までで交流事業に参加したかたの数は、ユーバ市への派遣者で786名、受け入れしたユーバ市民で627名となりました。

ユーバ市(アメリカ合衆国)

今年も例年同様、中高生・大人から成るユーバ市派遣団員をユーバ市に派遣します。今年の派遣期間は10月29日(火曜日)から11月6日(水曜日)までで、中高生20名、一般参加者1名、事務局5名がユーバ市に派遣されます。

去る、8月18日(日曜日)に第1回ユーバ市派遣事前説明会を開催しました。派遣に参加する学生たちは、お互い初めて顔を合わせ緊張している様子でした。

説明会の様子(写真)

今年度はユーバ市と姉妹都市締結30周年を迎えるにあたり、藤井市長が団長として、取手市議会渡部(わたなべ)副議長が副団長として派遣に参加します。

着座の参加者に向けて、立ってあいさつをする藤井市長
取手市長のあいさつ

立ってあいさつをする渡部(わたなべ)副議長
渡部(わたなべ)副議長のあいさつ

着座の参加者に向けて、立ってあいさつをする武笠会長
取手市姉妹都市協会武笠会長のあいさつ

説明を着座で聞いている派遣参加学生と保護者
ユーバ市派遣についての説明を聞いている学生とその保護者

説明会壁に横並びにはられたユーバ市学生の作品。メッセージの上に写真がある作品は、模造紙にはられている。
会場に設置した写真による交流事業の作品。写真による交流事業については下記のページからご覧になれます。

姉妹都市・友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示しました

市内中学校でユーバ市・桂林市学生との写真交流作品の展示をしました

机の上に並べられたユーバ市派遣時の写真・ユーバ市民訪問団受入時の写真
ユーバ市交流事業の様子が分かる、ユーバ市派遣時・ユーバ市民受入時の資料とユーバ市の概要などの資料を説明会会場に設置しました。秘書課前にあるコーナーに設置してありますので、ユーバ市交流にご興味のあるかたは是非秘書課までお越しください。派遣前の説明会・研修会は、派遣の行程や手続き等についての3回と、英会話研修の2回の計5回を予定しています。

 

広告エリア

広告募集要綱