現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 第2回ユーバ市派遣事前説明会を開催(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年11月8日

第2回ユーバ市派遣事前説明会を開催(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。前回の月・木・sayささやきにて、姉妹都市ユーバ市へ派遣する学生に向けた説明会を開催したことをささやきました。今回は、2回目の説明会での内容をささやきます。

第1回ユーバ市派遣事前説明会を開催しました(アロノフ)

昨日の9月8日(日曜日)に第2回目となるユーバ市派遣事前説明会を開催しました。説明会では、ユーバ市渡航中の行程やホストファミリーとの過ごしかたなどについての話をしました。他には説明会冒頭で、ユーバ市派遣に参加する学生が自己紹介を兼ねてユーバ市派遣に対する思いを発表しました。

マイクをもって立ちながら着座の説明会参加者に向けて話をする女子学生
マイクをもって立ちながら着座の説明会参加者に向けて話をする男子学生
学生たちからは、「過去に海外へ行った際に親に頼りきりで英語を自分から話せなかった。ユーバ市では積極的に英語を話したい」「英語には自信はないが、身振り手振りでユーバの人に思いを伝えたい」「今回で得た経験を将来に活かしたい」など、派遣に対してとても前向きな言葉が多く聞かれました。今年は令和元年10月29日(火曜日)から11月6日(水曜日)の日程で、市長を団長、市議会副議長を副団長として、中高生20名・一般参加者1名・事務局5名から成る派遣団をユーバ市に派遣します。

着座のユーバ市派遣団学生と保護者に向けて、会場前から立って話をする学生
過去のユーバ市派遣に参加した学生が説明会に出席し、ユーバ市での経験を踏まえて準備したほうがよいものや反省点などを語ってくれました。ご協力ありがとうございました。

廊下の壁とボードに設置した写真による交流事業作品
壁にはられた写真に交流事業作品を見る学生と保護者
前回の説明会に引き続き、「写真による交流事業」の作品とユーバ市派遣とユーバ市民受入の際の様子がわかる写真を展示しました。ユーバ市学生は、「自分のまちの好きな風景」をテーマとして交流作品を作成しています。展示を見た取手市学生たちは「この場所に行ってみたい!」「ユーバ市に行くのが楽しみになった」などの声が聞かれました。これからユーバ市を訪問する取手市出身の学生が、ユーバ市滞在中に行ってみたい場所として交流作品で紹介のあった場所をホストファミリーにリクエストしてくれることを願っています。

姉妹都市ユーバ市

ユーバ市については、下記のページをご覧ください。

ユーバ市(アメリカ合衆国)

ユーバ市・桂林市からゆめあかり3.11へ寄せられた紙袋・メッセージキャンドルが展示されました

姉妹都市・特別友好都市との写真による交流事業

写真による交流事業については、下記のページをご覧ください。

姉妹都市・特別友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示しました

市内中学校でユーバ市・桂林市学生との写真交流作品の展示をしました

藤代庁舎でユーバ市・桂林市の学生との写真による交流事業作品を展示しました

 

広告エリア

広告募集要綱