現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 取手市国際交流協会の料理教室(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年2月10日

取手市国際交流協会の料理教室(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。昨日の月・木・SAYのささやきでは、取手市国際交流協会の協力のもと開催された、江戸川学園取手中・高等学校「調理同好会」主催のイベントをお届けしました。

江戸川学園取手の生徒と外国出身者の交流(アロノフ)

今回は、本日の令和2年2月9日(日曜日)に井野公民館で開催された、取手市国際交流協会主催の「世界の料理セルビア編」をお届けします。取手市国際交流協会にとって、今週末は料理一色の料理ウィークエンドでした。

調理に参加した外国出身者。マスクとエプロンを着用している。
調理に参加した外国出身者。今回は、アメリカ、ウズベキスタン、ベトナム出身の方々が参加しました。

3つの皿に盛りつけられた料理。パン、デザート、ロールキャベツ、肉焼き、キャベツ蒸しなどが皿の上にある。
出来上がったセルビア料理。上の皿には「プロヤ(パン)」と「クネドラ(デザート)」、左下の皿には「チェバッビ(肉料理)」とキャベツの酢漬け、右下の皿には「プニェナ パプリカ(ロールキャベツ)」がそれぞれ盛り付けられている。

机に出された食事を食べるイベント参加者。縦に並んだテーブル4台と横に並んだテーブル2台を囲んで座っている。
調理・試食を含めて40名を超える方々が参加しました。

着座の参加者に向けて話をする講師。スクリーンにはセルビアの情報が映されている。
料理の試食後には、今回のセルビア料理の講師のかたから、自身のセルビア滞在時の体験を踏まえたセルビアのお話をしていただきました。

取手市国際交流協会の紹介

取手市国際交流協会では外国人との交流イベントや日本語教室などを開催しています。外国人のかたと楽しく交流したい、異文化交流に興味があるかたは是非秘書課までお問い合わせください。

明日へのメッセージ Join us! 取手市国際交流協会へようこそ!

 

広告エリア

広告募集要綱