現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 総務課 > どうもちゃん > コロナ禍での障害者のための避難所訓練が開催されました(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年9月15日

コロナ禍での障害者のための避難所訓練が開催されました(どうもちゃん)

 令和2年9月12日土曜日、取手市福祉交流センター多目的ホールにおいて、とりで障害者協働支援ネットワーク主催の避難所訓練が行われました。今回で第8回目となります。

 避難所7

ここ数年、大雨災害が毎年のように起こっています。集中豪雨の多発や台風の大型化は今後も避けられません。また、大地震がいつ、どこで起きてもおかしくありません。
コロナ禍も加わった複合災害から命を守るには、感染防止の徹底など質の高い避難を目指す必要があります。
障害者をはじめ、市民が不安なく避難できるよう、感染防止の徹底を図ることが重要です。

今回、福祉避難所運営を担当する市福祉部の職員も参加させていただきました。
受付では、検温や体調チェックを実施し、個々の障害に応じて室内に誘導しました。

避難所2
障害者とともに行動する市職員やボランティアスタッフ等は、障害者自身が災害時に実施可能な行動と不可能な行動を見極めること、コミュニケーションの取り方や説明方法など注意すべき事項を身につける必要があります。
一人ひとりの障害にあった方法により工夫し対応することが必要となります。

避難所3

避難所4

受付の後、市の安全安心対策課から、「避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について」市の取り組みについて説明させていただきました。

避難所5
説明の後には、間仕切りをした中に設置した段ボールベッドを体験していただきました。

今後の避難所運営は、市と地域の皆さんとの連携・協力が必要となります。
今後もこのような体験や訓練を重ね、双方の災害時の行動力を高めていきたいと思います。

 

広告エリア

広告募集要綱