現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > どうもちゃん > さらの杜圏域地域支え合いづくり推進協議会が開催されました(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年6月2日

さらの杜圏域地域支え合いづくり推進協議会が開催されました(どうもちゃん)

取手市では、「地域支え合いづくり推進協議会」を軸とした協働の仕組みづくりを推進しています。

5月28日火曜日、さらの杜圏域の地域支え合いづくり推進協議会が開催されました。協議会内に組織されている
地区推進組のリーダー(協議会メンバー)から、各地区ごとの活動状況と、今後の活動予定について報告がありました。
さらの杜圏域2

さらの杜圏域3
●戸頭町会
・傾聴ボランティアによる「語らいの場」が、戸頭町会東集会所で定期的に開催されるようになりました。
・9月1日、戸頭町会主催による「地域支え合い講演会」を、戸頭公民館で開催予定です。講師は、日立塙山
自治会”住みよいまちをつくる会”会長の西村ミチ江さんです。
・戸頭町会「お助け隊」を発足する予定です。電球交換やゴミ出し、火災報知機の取付け、ドアノブの交換
等日常のちょっとした困りごとのお手伝いをします。事業開始に向け、担い手を20人くらい募集する予定
す。自治会員、非会員に関わらず支援していく予定です。こういった取り組みが自治会の存在意義を再認
識していただく良い機会となることが期待されます。
●戸頭団地
・地域懇談会を開催し、実際に活動している第一管理組合の「お助け隊」の活動報告をしていただき、今後
の支え合いの仕組みづくりの検討をしていく予定です。
・団地内の数か所で居場所づくりの検討をしていく予定です。

●戸頭、米ノ井
・二世代、三世代同居が多い地域です。家族やご近所での助け合いの仕組みができている地域です。どう
いった助け合いの仕組みなのか、情報を収集し、他の地域に発信していきます。
●新取手
・自治会の令和元年度の基本方針として、「高齢者支え合い活動」が承認されました。支援するのは、自治
会員、非会員を問わない予定です。こういった取り組みが自治会の存在意義を再認識してもらう良い機会
となることが期待されます。
・地域のサークル活動に、「高齢者支え合い活動」の支援者となっていただくよう、取り組みを理解してい
ただき支援を求めていく予定です。

●永山
・自治会と連携し、理解、協力者を募り、地域住民が求めている支援及び地域課題の洗い出しを行います。
・70歳以上の一人暮らしの世帯を訪問し、アンケートを実施する予定です。高齢者が何に困っているのか、
何を必要としているのか、困りごとの抽出を行う予定です。

地域支え合いづくり推進協議会では、既存の組織の支え合いの仕組みを大切にしながら、居場所づくり、日常のちょっとした困りごとのお手伝い等、地域の皆さんが主体となる支え合いの仕組みづくりを支援していきます。
地域のことを一番知っているのは地域の皆さんです。
自分たちで決めて自分たちで担うこと、これが住民自治・住民による地域づくりです。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱