現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > どうもちゃん > 地域支え合いづくり推進協議会取手地区座談会(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月5日

地域支え合いづくり推進協議会取手地区座談会(どうもちゃん)

取手市では、「地域支え合いづくり推進協議会」を軸とした協働の仕組みづくりを推進しています。

6月19日水曜日、はあとぴあ圏域の地域支え合いづくり推進協議会が主催する、取手地区(本町・仲町・片町・上町)の地域支え合い話し合いの場(おしゃべり場)が開催されました。この地区でのおしゃべり場は2回目となります。
はあとぴあ取手地区座談会の写真。約10人が机を囲んで話しています。

当日は、この地区の民生委員さん、取手一郵便局長、介護サービス事業所のかたの皆さんが参加してくださいました。
地域内の体操クラブや高齢者クラブ、商工会や八坂神社の祭礼と地域との関わり方等、地域内の様々な資源について話し合いが行われました。
こういった組織の皆さんに支え手となっていただき、地域を活性化できないかといった意見交換が行われました。

次回は、より多くの皆さんに参加いただきながら、子供から高齢者まで多世代が交流できる具体的な取り組みやイベントを考えていく予定です。
次回は、9月4日(水曜日)午後1時30分から、商工会の会議室で開催します。

地域支え合いづくり推進協議会では、既存の組織の支え合いの仕組みを大切にしながら、居場所づくり等、地域の皆さんが主体となる支え合いの仕組みづくりを支援していきます。
地域のことを一番知っているのは地域の皆さんです。
自分たちで決めて自分たちで担うこと、これが住民自治・地域づくりです。

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱