現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > どうもちゃん > 地域の行事あわのとり(どんど焼き)に参加しました!(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年1月14日

地域の行事あわのとり(どんど焼き)に参加しました!(どうもちゃん)

令和2年1月12日日曜日、宮和田上一、上二町会合同による「あわのとり」が小貝川河川敷で開催されました。
百年近く続く伝統的な地域の行事です。
「あわのとり」とは、一般に言うどんど焼きのこと。由来は「あわ」と「とり」。人間の食料である「粟」をついばむ「鳥」を追い払い、一年の無病息災を祈念するものだそうです。

竹でやぐらを組むのですが、その高さ10メートル弱。地域の皆で力を合わせて組み上げます。

15時30分の点火を前に地域の多くのかたが集合。

子ども達が町内を一軒一軒まわって集めたしめ縄やだるま、正月飾りがやぐらに設置されました。

どんと焼き1

いざ点火。点火の作業は年男年女で行います。

どんと焼き2
火は瞬く間に燃え広がりました。
勢いがあったので、今年も良い一年になるでしょう。

どんと焼き3

火が落ち着いたところで、竹の先にさしたお餅を焼いて食べました。
竹の先にお餅をさす作業も朝から子ども達が行いました。

どんと焼き4

子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、地域のみんなで食べる焼きたてのお餅はとても美味しかったです。

どんと焼き5

 

 

広告エリア

広告募集要綱