現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > どうもちゃん > 地域支え合いづくり推進協議会井野地区座談会を開催しました(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年1月17日

地域支え合いづくり推進協議会井野地区座談会を開催しました(どうもちゃん)

取手市では、「地域支え合いづくり推進協議会」を軸とした協働の仕組みづくりを推進しています。

1月14日火曜日、はあとぴあ圏域の地域支え合いづくり推進協議会が主催する井野地区の「地域支え合いのおしゃべり場」が開催されました。民生委員さんを含む地域の11人のかたが参加してくれました。

井野地区2
参加した皆さんは、公民館での健康体操や脳トレなどに参加したり、サロン運営のボランティア、毎日の散歩、家庭菜園等、日々活発に活動しているかたばかりです。

「地域で困っていること、みんなで話し合ってみませんか?」
ざっくばらんな雰囲気の中、意見交換しました。

・災害時どうやって避難するのか
・避難所はどのようになっているのか、誰が運営するのか
・自転車の運転マナーが悪い
などの意見がありました。

災害時に慌てないために、日頃から自助共助の意識を持つことの大切さ、日頃から地域と繋がりを持つこと、災害時を想定した訓練の必要性など、活発な意見交換となりました。
自助共助の大切さを地域の住民一人ひとりにどのように意識付けしていくか、これからの話し合いのテーマとし、今後話し合いを深めていくことになりました。

また、自転車の運転マナーについての課題があげられました。
運転しながらのスマホ操作、無理な横断等、ひやりとすることが多いため、マナーを学ぶための講座を開催することを進めていくことになりました。
多くの参加者を集めるため、自転車の無料点検を合わせて実施することが検討されました。
いいアイデアが参加した皆さんから出されました。

次回のおしゃべり場は、令和2年3月17日火曜日午後1時30分から井野公民館で開催されます。

地域づくりに興味のある井野地区の皆さん、ぜひご参加ください。

地域のことを一番知っているのは地域の皆さんです。
地域のことはまずは地域で解決するという自主性が大切です。
住民自身の力、住民相互の力を合わせて地域づくりを進めていきましょう。

 

 

広告エリア

広告募集要綱