現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市長・副市長・教育長 > 市長 藤井信吾 > 長禅寺三世堂一般公開 市長 藤井信吾

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年4月18日

長禅寺三世堂一般公開 市長 藤井信吾

今日、4月18日は年に一回の長禅寺三世堂の一般公開の日です。朝方の猛烈な風もぴたりとやみ、八重の桜が満期に咲き誇るなか、私も、「さざえ堂」のお参りをしてきました。ご存知の皆様には、今更のことですが、茨城県指定文化財に指定されている三世堂は三層の構造になっており、1層目には坂東三十三か所観音札所、2層目には秩父三十四か所観音札所、3層目には西国三十三か所の各本尊の写しを安置しています。

さざえ堂という形式は国内に長禅寺を含めて5つしか現存しないそうです。たいへん貴重な建物であると同時に、簡単には遠くの霊場めぐりができない庶民にとって得難い信心の場となっていたことを改めて思いました。

長禅寺三世堂の中にある仏像を見ている市長

長禅寺三世堂の中

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先