現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > ふらぺちーの > 南町の市政協力員(ふらぺちーの)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年4月12日

南町の市政協力員(ふらぺちーの)

みなさんは市政協力員とは何か知っていますか。
市政協力員は地域と行政のパイプ役として、市内75地区に83名います。
今月から各地区の市政協力員をご紹介していこうと思いますので、みなさんお楽しみに♪

さて、トップバッターは宮和田の一部と藤代南1丁目から3丁目までを担当する南町地区の杉田修さんです。
杉田さんは市政協力員として13年間ご活躍いただいてます。
民間企業でのお勤めを退職された後すぐに、市政協力員になったそうです。

さまざまな活動をされている杉田さんですが、今回ご紹介するのは地域の魅力づくりです。
常々、南町に住む人がどうしたら笑顔で過ごせるかを考えている杉田さんは、宮和田緑道が整備された約9年前から、地域の皆さんと協力し、芝桜を植え、地域の魅力として毎年綺麗な花を咲かせています。
花の栄養は、地域のNPO法人と連携して、生ごみから肥料を作っているそうです。地域の色々な人材をつなぐことも市政協力員の重要な役割です。


色さまざまな芝桜をバックに立つ市政協力員の杉田さん

約300メートルもある緑道の両脇を約40人で、草ぬきなどの手入れをしているそうです。しかし、協力していくれている人も年々少なくなっており、この芝桜ロードを維持することが難しくなっているというお話でした。

地域づくりは住んでいるみなさんの力が必要です。ぜひ、南町にお住まいのかたは芝桜のお手入れのお手伝いや、地域行事など、少しだけでもご参加、ご協力をお願いします。まずは、「できる人が、できることを、できる分だけ」これが地域づくりの基本です。

また、今年の芝桜は来週までが見ごろのようです。南町以外の地域にお住いのかたもぜひ見に行ってみてください。場所は、藤代駅南口のすぐ近くです。

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱