現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > いちご > 第25回中央タウン合同防災訓練&フェア(いちご)

印刷する

更新日:2021年11月5日

ここから本文です。

第25回中央タウン合同防災訓練&フェア(いちご)

今月3日土曜日の午前9時30分から、取手西小学校の校庭(高層住宅の訓練は、羽中公園で実施)で、中央タウン高層住宅自主防災会、中央タウン戸建自主防災会、稲地区自主防災会が合同で、防災訓練&フェアを開催しました。市からは安全安心対策課、排水対策課、市民協働課で訓練の様子を見学させていただきました。

 

1
避難の呼びかけがかかり、地域ごとに整列し避難所に向かうところから訓練を始めます。

 

2
校庭に入る受付けでは、マスクの着用の確認や検温と手指消毒を行い、コロナ感染症拡大防止のための対策をしておりました。

 

15
高所作業車に乗り、子ども達が体験をしている様子です。

 

12

11
移動する時に、車いすが必要なかたの車いすの扱いかたや乗り降りのしかた、避難時に段差等があった際の介助者側の練習も行いました。(上段)
コーンを火が上がった的に見立て、水消火器で消火訓練です。消火器の扱いかたも確認できました。(下段)

 

3

4

8

6

今までは体育館で行っておりました避難訓練ですが、今回はコロナ禍を考慮して、今回主催された各自主防災会の防災資器材の展示や説明、また、国土交通省栗橋河川事務所様のご協力による河川防災関連パネルの展示がされておりました。
市からは、避難所の受付けやテントの設置、防災ラジオの紹介のコーナーを設け、コロナ禍における避難所用具を見て触れる体験ができました。

当日は、およそ400人(中央タウン戸建て地区から約320人、中央タウン高層住宅地区から約50人、稲地区から約40人)の地域の皆さんの参加があり、例年の参加者数よりは下回ったものの、防災に対する関心の高さをうかがい知ることができました。

災害はいつ起こるかわかりません。ひとりひとりが、日頃からの備えを大事に心がけましょう。

 

広告エリア

広告募集要綱