現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 教育総務課 > 飯島 章 > 歴史講座が開催されます(飯島章)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年9月15日

歴史講座が開催されます(飯島章)

埋蔵文化財センター第42回企画展「村のお殿様-取手を治めた旗本たち-」に合わせた連続歴史講座の第3回(最終回)が開催されます。
お天気が心配ですが、皆様のご参加をお待ちしています。

日時

平成29年9月17日(日曜日)、午後1時30分から3時まで、開場は午後1時から

会場

福祉交流センター多目的ホール(取手市役所敷地内)、下の地図もご参照ください。

演題

「幕府官僚土岐頼旨(ときよりむね)の活躍と挫折」

講師

埋蔵文化財センター職員

定員

120人、当日受付順、事前の申し込みや予約は必要ありません。

料金

無料です

内容

市内小文間村(おもんまむら)を領地とした旗本の土岐頼旨は、幕府の重要な役職を歴任します。
開国前の浦賀奉行(うらがぶぎょう)時代には、日本人の漂流民を救助して江戸湾に入ったアメリカの捕鯨船マンハッタン号との交渉にあたり、その人道的配慮は老中(ろうじゅう)阿部正弘の目にとまり、抜擢を受けます。
幕府官僚として活躍する土岐頼旨でしたが、大老井伊直弼(たいろういいなおすけ)との対立から失脚してしまいまいました。
講座では、取手の殿様土岐頼旨の系譜と、活躍と挫折の波乱に満ちた生涯の一端を紹介します。

上の写真は、前回(2回目)の会場の様子です。1回目には及びませんでしたが、定員を超える130人の参加者がありました。
皆様のご来場を心からお待ちしています。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先