現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 子育て支援課 > くぼみー > 保育所給食10月8日(食パン、アイントプフ、シュニッツェル、キャベツソテー)(くぼみー)

印刷する

更新日:2021年10月11日

ここから本文です。

保育所給食10月8日(食パン、アイントプフ、シュニッツェル、キャベツソテー)(くぼみー)

こんにちは。

またまたリアルタイムで紹介できずに、すみませんでした。

遅れましたが、10月8日の保育所給食を紹介します。

食パン、アイントプフ、シュニッツェル、キャベツソテー

8日の給食は「食パン、アイントプフ、シュニッツェル、キャベツソテー」です。

8日の給食はドイツ料理でした。アイントプフはドイツ風野菜スープで、ドイツ語では「投げ入れる」という意味だそうです。シュニッツェルはドイツ風カツレツで、ドイツ語では「薄切り肉」という意味だそうです。ですが、日本の薄切り肉とはちょっと違い、少し厚めに切った肉を半分くらいの厚さにたたき伸ばし、パン粉をつけて油やバターで炒め揚げにします。保育所では炒め揚げではなく、オーブンで焼いてあります。子どもたちはドイツを味わってくれたでしょうか?

くりおにぎり

8日のおやつは「くりおにぎり」です。

秋の味覚である栗を使ったおにぎりです。お米に少しもち米を混ぜ、おこわ風おにぎりになっています。子どもたちに秋の味覚を楽しんでもらえると嬉しいです。

たくさん食べて、大きくなーれ!

(写真提供は井野なないろ保育所です)

 

広告エリア

広告募集要綱