現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 【国民年金】任意加入者が資格喪失するのはどんなとき?(くろまめ)

印刷する

更新日:2020年10月12日

ここから本文です。

【国民年金】任意加入者が資格喪失するのはどんなとき?(くろまめ)

皆さんこんにちは、くろまめです。皆さん、コロナ禍から半年が経過しましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。コロナ禍の影響は体調だけでなく精神的な部分にもきているようです。外出自粛やソーシャルディスタンス、飛沫感染予防など、社会全体がコロナウイルス感染防止のためにさまざまな対応策を取る中で、私たち国民個人個人への負担が想像以上に大きくなっているのではないかなと思います。

国内居住の20歳以上60歳未満のの被用者年金制度の老齢・退職年金受給権者の場合

  • 日本国内に住所を有しなくなった日の翌日
  • 被用者年金制度の老齢・退職年金の受給権者でなくなった日
  • 第2号被保険者の被扶養配偶者となった日
  • 保険料を滞納し、督促状に指定された日までに納付しなかった場合、その指定された日の翌日

国内に居住する60歳以上65歳未満のかたの場合

  • 日本国内に住所を有しなくなった日の翌日
  • 保険料を滞納し、督促状に指定された日までに納付しなかった場合、その指定された日の翌日

海外に居住する20歳以上65歳未満の日本国籍を有するかたの場合

  • 日本に住所を有した日の翌日
  • 日本国籍を有しなくなった日の翌日
  • 60歳未満で第2号被保険者の被扶養配偶者をなった日の翌日
  • 保険料を滞納し、保険料を納付することなく2年間が経過した日の翌日

国民年金保険料の免除申請は2年1か月前まで遡って申請できます

保険料の免除・納付猶予申請は2年1か月前まで遡ることができます。令和2年10月現在は平成30年9月から令和3年6月分の免除申請を受け付けています。年金保険料のお支払いが厳しいかたは一人で悩んだまま未納にするのではなく、市役所の国保年金課までお越しください。

(くろまめのひとりごと)

大きく体調を崩す前に、必ず小さな変化がご自身に起こっているはずです。「何かおかしいな」「いつもと違うな」「頭痛が続く、ダルさが取れない…」といった漠然としたことでも、そのままにしないようにしましょう。体調に表れているなら病院へ、体調にはでていないけれど何となく気持ちが浮かないといったかたは、身の回りのかたとおしゃべりしてみましょう。体にため込んだモヤモヤや負の要素を外に出してデトックスすることが大切です。

お問い合わせ先

ご自身の年金額や年金制度についてのお問い合わせはこちらへどうぞ。

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱