現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 定年退職後すぐ年金をもらった方が良いのか、雇用保険をもらった方が良いのか(くろまめ)

印刷する

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

定年退職後すぐ年金をもらった方が良いのか、雇用保険をもらった方が良いのか(くろまめ)

職場を定年退職したかたは、給与収入がなくなりますね。職場で雇用保険に入っていたかたは、雇用保険の失業給付を受けるか、年金を請求するか、どちらにしようか悩むのではないでしょうか。

年金額と失業給付の額を確認しておこう

結論は、1ヶ月当たりの金額が多い方をもらった方がお得です。年金と失業給付は同時にはもらえないので、前もって年金額と失業給付の額を確認したほうが良いでしょう。

たとえば、以下のサイトでは失業給付額の計算ができます

ハローワーク情報サイトーハロワのいろはー(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)確実性を求めるなら、お近くのハローワークに相談しましょう。

ご自身の年金額の試算はこちらでできます。

日本年金機構年金額見込額試算(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)市役所では年金額の計算はできません。

 

備えあれば憂いなし。退職後の収入が気になるかたは、早めに行動して、不安なく退職できるよう準備してくださいね。

 

 

広告エリア

広告募集要綱