現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 【国民年金】任意加入できるのはどんな人?(くろまめ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年10月6日

【国民年金】任意加入できるのはどんな人?(くろまめ)

皆さんこんにちは。任意加入制度のお話が続いています。中には飽きてきたかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、この任意加入制度は知らない人が圧倒的に多く、この制度を知らないが故に年金額を増やせず、少ない年金額でご苦労されているかたもいらっしゃいます。皆さんや皆さんの周りのかたの老後の生活を豊かにするためにも、任意加入についてはぜひ知識を深めていただければと思います。

任意加入制度の対象者

  • 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のかたで、厚生年金・共済組合などから老齢・または退職を理由とする年金を受けることができる人
  • 日本国内に住所のある60歳以上65歳未満のかた
  • 日本国籍を有しながら海外に居住する20歳以上65歳未満のかた

国民年金の保険料免除・納付猶予制度を活用しよう

保険料の免除・納付猶予申請は2年1か月前まで遡ることができます。年金保険料のお支払いが厳しいかたは一人で悩んだまま未納にするのではなく、市役所の国保年金課までお越しください。職員が皆さんのご相談をお聞きしながら一緒に考えます。

(くろまめのひとりごと)

任意加入制度の対象者に「海外居住の日本人」とありますが、海外に移住するときに住民票を日本に置いておく場合は、任意加入制度の対象にはなりません。これは国民年金の制度が「日本に住民票のある人は国民年金に加入する」となっているからです。住民票を海外にうつしたかたは国民年金に加入する義務がなくなるため、引き続き国民年金に加入したい場合は「任意加入」の手続きが必要になるのです。

お問い合わせ先

ご自身の年金額や年金制度についてのお問い合わせはこちらへどうぞ。

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱