現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 国民年金保険料を口座振替にしたいとき(くろまめ)

印刷する

更新日:2021年6月9日

ここから本文です。

国民年金保険料を口座振替にしたいとき(くろまめ)

今回はよくあるご質問「国民年金保険料を口座引き落としにしたい」にお答えします。年金の保険料は原則年度初め(4月)に年金機構から納付通知書が送られてきます。その封筒の中に入っている納付書を使って保険料を納めていただきます。でも実際には口座からの自動引き落としを希望されるかたも多いです。

口座引き落としの種類は5種類

口座振替の振替方法は、次の5種類から自由に選んで申し込みできます。

  • 2年前納(4月から翌々年3月分)
  • 1年前納(4月から翌年3月分)
  • 6カ月前納(4月から9月分、10月から翌年3月分)
  • 当月末振替(早割) 本来の納付期限よりも1カ月早く口座から振替する方法です。
  • 翌月末振替 (注意)保険料の割引はありません。

まとめて前払い(前納)すると、割引が適用されるのでおトクです。

口座振替手続き方法

預貯金口座をお持ちの金融機関か土浦年金事務所へ「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」を提出してください(土浦年金事務所へは郵送可)。

申出書は、年金事務所の窓口か、日本年金機構のホームページから取得できます。

日本年金機構のホームページ(国民年金保険料口座振替に関するページ)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

(注意)口座振替のお申し込みには、基礎年金番号の記入が必要です。また、金融機関届出印の押印も必要です。金融機関届出印や口座名義人氏名に誤りがあると、手続きが間に合わない場合がありますのでご注意ください。

口座振替で前納するときお申込みはお早めに

口座振替での2年前納、1年前納、6カ月前納(4月から9月分、10月から翌年3月分)のお申し込みの締切日は、2月末までです。また、口座振替での現年度6カ月前納(10月から翌年3月分)のお申し込みの締切日は、現年度8月末です。

(注意)すでに口座振替で前納しているかたは、再度のお申し込みの必要はありません。ただし、1年前納から2年前納への変更など、振替方法を変更される場合は、再度お申し込みが必要です。
(注意)保険料が一部免除されたかたは、口座振替の前納制度は利用できません。
(注意)郵送によるお申し込みの場合、郵便物の到着までに日数がかかります。早めに投函してください。

お問い合わせ先

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

 

口座振替だとうっかり保険料を払い忘れてしまった、ということがなくなるので非常に便利ですね。ただし前納するかたは残高不足にならないように気を付けましょう。口座振替の申し込みは市役所窓口ではできませんのでご注意ください。

(注意)市役所窓口で年金の確認をしたいときは、必ずご本人が年金手帳と身分証明名書を持ってお越しください。

 

広告エリア

広告募集要綱