現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 健康づくり推進課 > タース > 1日どれくらい歩いていますか?(タース)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年10月5日

1日どれくらい歩いていますか?(タース)

仕事場の長い一日を終えると2000歩だった。

普段の生活では意外と歩かないんですよね。そんなガッカリした経験を川端康成(かわばたやすなり)の「雪国」風に表現してみました。以前、一日の過ごし方によってどれくらい歩数が違うのか気になって調べたことがあります。以下がその結果です。

  • 庁舎内で1日仕事をしていた日 2000歩から3000歩
  • 庁舎外での会議があった日 4000歩から5000歩
  • 休日にショッピングモールをぶらぶらしていた日 7000歩から8000歩
  • イベントで朝から夕方まで走り回っていた日 14000歩
  • 往復10分程度コンビニまで昼食を買いに行った日 普段の歩数プラス1000歩
  • 休日家に引きこもっていた日 600歩

これを月単位で見ると、私の場合、1日の平均歩数は3700歩程度でした。
「健康のためには1日8000歩」と言われている中、健康づくり推進課に身を置くものとしてこれで良いのだろうか。当時の私は心の中のリトルタースに問いかけました。「愚問」と一蹴されたのは言うまでもありません。
というわけで、最近は以前よりも歩くことを意識して生活しています。平均歩数は5000歩にまで増えました。1日8000歩には遠い数値ですが、自転車通勤もしているということで、自分の中ではぎりぎりセーフではないかと思っています。


歩くことを意識する前(昨年11月)の平均歩数は3679歩です。


歩くことを意識するようになってから(今年7月)の平均歩数は5261歩です。

さて、皆さんは自分が1日に何歩くらい歩いているかご存知ですか?
健康づくり推進課では、普段の生活の中で歩くことへの意識が少しでも高まるよう、活動量計(歩数計)を活用した事業「とりかめくんの歩測(あるぱか)クラブ」を10月から開始します。
月・木・SAYのカリスマであるアロノフさんのささやきにもありますとおり、現在参加者を募集していますので、あまり歩いていないというかたや、自分がどれくらい歩いているか分からないというかは、是非「とりかめくんの歩測(あるぱか)クラブ参加者募集」をご覧ください。定員は100名ですが、まだ少し…いや、結構枠があります!

活動量計を持って生活すると、自然と歩くことを意識するようになりますよ。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱