現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 広報広聴課・市民相談室 > トランスファーマー > 小さな芸術家のアートを体感(トランスファーマー)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月17日

小さな芸術家のアートを体感(トランスファーマー)

先日、とあるイベントでふじしろ図書館を訪れました。
そのイベントはそのうちささやくとして、ふじしろ図書館では現在「こどもアートひろば」が開催中です。
「こどもアートひろば」は、藤代地区にある8か所の保育所・保育園・幼稚園の子供たちが制作した作品を展示しています。

アートひろば_2
ふじしろ図書館の入口すぐ、いきなり作品が目に飛び込んできます。

一番手前に展示されている中央保育所の作品をご紹介します。
壁に掛けられている秋らしい作品(1枚目の写真参照)も季節感があっていいなと思ったのですが、真っ先に目に飛び込んできたのは机に展示されているものでした。
アートひろば_1
さまざまな模様が貼られ、最初なんだろう?と思ったら、脇に解説が(博物館みたいですね!)。
解説によると、これはランタンで、折り紙を使って切り絵をしたものを、セロハンと組み合わせて制作したそうです。
どれを見ても同じ柄はなく、よく見ると細かい柄で一つ一つ個性あるランタンで驚きました。
自分が同じころ、こんな柄作れたかな…と感心しました。

作品は1階と2階で子供たちの力作が展示されています。
展示は12月16日(日曜日)まで。ふじしろ図書館で小さな芸術家たちによるアートを楽しみませんか。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱