現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 広報広聴課・市民相談室 > トランスファーマー > 取手小学校で人文字撮影(トランスファーマー)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年12月28日

取手小学校で人文字撮影(トランスファーマー)

明けましておめでとうございます。

広報1月1日号の表紙です。
新年を迎え、広報とりで1月1日号を公開しました。
「広報とりで」2019年1月1日号(別ウィンドウで開きます)

1月1日号の1ページは、毎年各小学校の児童・教職員の皆さんのご協力で、干支の人文字を作っています。
今年は取手小学校の皆さんにご協力いただき、今年の干支「亥(いのしし)」の人文字に挑戦しました。
紙面上には人文字の中にイノシシが隠れていますので、ぜひ探してみてくださいね。

人文字の撮影はまだ暑かった頃から準備をしています。
小学校との打ち合わせの後、校庭を使用しない時間を見計らい、枠を作ります。
メジャーで測っているところです。
撮影当日の太陽の位置や影の出方を考慮し、枠の位置を決めます。

枠を作った後の校庭にて。どこかなつかしさを感じます。
上の写真は枠を作った後の校庭から撮影しました。
作った枠は、撮影場所から撮影しておきます。

次にパソコンで人文字の設計をします。
ここで先ほどの枠を写した写真を使用します。
写真と設計図を合成し、設計した文字の実際の見えかたを確認し、文字を調整していきます。
合成写真の例です。最初に作った際は、とても間延びした文字になってしまいました。
合成写真の例です。
何度も調整していたため、このときは「亥」の文字がゲシュタルト崩壊してしまう日々でした。

設計図が完成すると、再び学校へ赴き、校庭に文字を作ります。
前日準備の様子です。
設計図を参考に麻縄で「亥」の字を作り、杭で縄を固定します。

地面に張った麻縄。実際に見ると、とても大きいです。
紙面上では麻縄はほとんど確認できませんが、近くで見ると麻縄を確認できます。

撮影日当日、私は校庭で誘導や撮影担当との調整を行っていました。
短い撮影時間の中、取手小の皆さんのご協力で無事に撮影することができました。

さて、市役所は1月4日(金曜日)から開庁します。
寒い日が続きますので、体調にはくれぐれも気を付けてくださいね。



おまけ
イノシシの絵
紙面で使ったイノシシは、実は何パターンか作っていました。
絵が地面と同化してしまったり、イメージ通りの色が再現できず、最終的には2パターンを使用しました。
こうしてみると、これで年賀状作ってみてもよかったです。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱