現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 広報広聴課・市民相談室 > トランスファーマー > 取材所感・春の長禅寺(トランスファーマー)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年4月27日

取材所感・春の長禅寺(トランスファーマー)

5月1日になりました。
令和初めてのささやきは、長禅寺三世堂です。
長禅寺三世堂は、茨城県の指定文化財に指定されています。詳しくは下のリンク先をご覧ください。
長禅寺三世堂(別ウィンドウで開きます)

本日発行の広報とりで5月1日号でも、先月4月18日の特別公開の様子を掲載しました。
(広報とりで5月1日号については、広報とりで5月1日号のページ(別ウィンドウで開きます)からご覧くださいね)
今回も撮影した写真がもったいないので、取材時の写真の一部を紹介します。

三世堂は、南側の石段をあがると見える、下の写真の奥に写る建物です。
長禅寺と桜
この日は、歩いていると汗ばむほどの好天に恵まれ、多くの参拝者が訪れていました。

像
小林一茶の像も、なんとなく暑そうでした。

上の写真にも写っていますが、境内には立派な八重桜が植えられています。
すでに葉が出始めていましたが、八重桜特有の大きな花を咲き誇っていました。
八重桜
一輪が大きく、近くで見ても離れて見ても見応えがあります。

長禅寺と桜2

ツツジの花
秋頃の長禅寺にも行ったことはありますが、この季節の長禅寺は、桜以外にも色とりどりの花が咲いていて、見える景色がカラフルでした。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱