現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 広報広聴課・市民相談室 > トランスファーマー > ミュージアムパークの展示を藤代公民館で!(トランスファーマー)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月23日

ミュージアムパークの展示を藤代公民館で!(トランスファーマー)

7月19日(金曜日)から7月29日(月曜日)まで、藤代公民館で移動博物館が開催中です。
詳しい開催案内については、移動博物館(藤代公民館)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

移動博物館は、坂東市にあるミュージアムパーク茨城県自然博物館の所蔵物を展示するものです。
私も子供のころからよく行っていた場所なので、今回取手でミュージアムパークの展示が見られるのが楽しみでした。
今回は展示内容を少しご紹介します。

頭骨その2
広報とりで7月1日号の記事でも使用した頭骨。ギザギザの歯がとても恐竜らしいです。
7月1日号の編集中はパソコン上で写真から切り抜く作業をしていたのですが、このギザギザに苦労しました。
そんな広報とりで7月1日号はこちら(別ウィンドウで開きます)です。記事は8ページに掲載しています。

お子さんに人気なのが、恐竜の足跡。
恐竜の足跡
私が見てもその巨大さに驚いたので、子供にはさらに大きく感じるかもしれません。
そしてなんと、この恐竜の足跡に入れます(靴を脱いで入ってくださいね)。

広報でも紹介しましたが、この博物館のすごいところは、ただ見るだけではなく、聞いたり、触ったり、嗅いだりできるんです。
例えば、
触れる展示
茨城県内にかつていた動物や動物の剥製や本物の動物の毛皮を触ったり、

音の鳴る展示
ボタンを押すと動物の鳴き声が聞こえたりします。
上の写真にあるような機械はミュージアムパークにもありますね!ボタンを押すだけでワクワクします。

大人のかたにはパズルが人気だそうです。
パズル
パズルといっても二つに分かれたものですが、意外と難しいのかもしれません。
皆さんの挑戦をお待ちしています。

個人的にすごいと感じたのは香りの展示です。
写真が見切れてしまったのですが、香り付きのボールが入ったボトルを嗅いで、果物を当てるものです。
下の写真の果物はとても良い香りがしました。
においを嗅ぐ展示
答えは現地で確認してみてくださいね。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱