現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > やまどり > 第3回ゆめみ野フェスティバルが開催されました(やまどり)

印刷する

更新日:2022年9月20日

ここから本文です。

第3回ゆめみ野フェスティバルが開催されました(やまどり)

令和4年9月17日(土曜日)、ゆめみ野公園にて、3年ぶりとなる第3回ゆめみ野フェスティバルが開催されました。

会場には、子どもから大人まで多くの人が訪れ、会場は活気にあふれていました。

開催日時や出店について記載された第3回ゆめみ野フェスティバルのチラシ

(実行委員会が作成した第3回ゆめみ野フェスティバルのチラシ)

当日の様子をご紹介します。

会場入口では、検温・手指のアルコール消毒がなされ、感染症対策が実施されていました。

イベント会場入口で検温や手指消毒をする様子

藤井市長挨拶

取手市において、日本人移動者が転入超過になったことに触れ、特にゆめみ野の人口増加が顕著であるとし、ゆめみ野から更にまちの活性化を牽引してほしいと話されました。

イベント会場で市長があいさつする様子

ステージ出演の様子

午後1時から、ステージでのパフォーマンスが始まりました。最初は、永山中学校吹奏楽部による演奏でした。生徒からの部活動紹介後、「銀河鉄道999」など数曲が演奏されました。その後も、さまざまな団体によるパフォーマンスが行われ、会場を訪れた人々を魅了しました。

イベント会場のステージで吹奏楽部が演奏する様子

出店の様子

フードコーナー、ワークショップや射的・ヨーヨーすくいなどさまざまな種類の出店がありました。

イベント会場のキッチンカーに来場者が並んでいる様子イベント会場で雑貨を販売しているテントに来場者が並んでいる様子イベント会場でくじ引きのテントに来場者が並んでいる様子

今後の地域活動について

各地域において、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と地域活動の両立を図る取組が進められています。全ての地域にあてはまる完全な取組方法があるわけではありません。各地域において、その地域の実情にあった方法を皆さんで模索し見いだしているところかと思います。

今回、ご紹介したゆめみ野フェスティバルにおいても、実行委員会のかたから、今後、継続していく上では、イベントに係る費用の捻出やスタッフの確保など解決しなければならない課題があるとのお話がありました。

今後、地域活動を行う上で、地域内外を問わず、連携していくことがより一層必要となっていくのではないでしょうか。

 

広告エリア

広告募集要綱