現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > これまでの視察受け入れ状況 > 京都府木津川市議会の皆さんが視察来庁

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年6月19日

京都府木津川市議会の皆さんが視察来庁

平成30年1月22日月曜日、京都府木津川(きづがわ)市議会から高味(こうみ=こうは梯子高)議長、高岡議会運営委員長をはじめ、木津川(きづがわ)市議会議員9人と議会事務局長が取手市議会を視察されました。また、取手市からは、佐藤清議長、赤羽議員、齋藤議員が出席しました。
議会改革の取り組みや議会基本条例見直し等について視察されました。

木津川(きづがわ)市議会運営委員長、取手市議会議長のあいさつ

最初に佐藤 清議長から、歓迎のあいさつや、これまでの議会改革の取り組みなどについて、今取り組んでいる内容などを述べました。

佐藤議長(取手市)が挨拶している様子

続いて、木津川(きづがわ)市議会の高岡議会運営委員長が市の紹介などをあいさつとして述べられました。

高岡議会運営委員長(木津川市)が挨拶している様子

議会改革のこれまでの経緯等を説明・質疑

調査事項の説明は、赤羽議員と事務局から行いました。

赤羽議員(取手市)が発言している様子

赤羽(あかば)議員

木津川(きづがわ)市議会からは、議会報告会の人数が集まらないことへの対応、議会からのメールマガジン「ひびきメール」運用の実態、音声認識システム利用のメリット・デメリット、採決表示システムについてなどの具体的な質疑が行われました。議会報告会参加者が少ないことへの対応への策を問われると、赤羽議員からは「こちらも聞きたい。状況に合わせて対応していくしかないですね」などと質疑応答がありました。
また、女性議員による議会改革特別委員会設置の経緯を尋ねられると、途中から参加した齋藤議員が、丁寧に説明をしていました。

齋藤議員(取手市)が発言している様子

取手の齋藤議員(写真中央)

議場の見学

場所を議場に移し、取手市議会での表決システムについても視察されました。
議場での採決表示システムの説明を受けている様子

立ってお礼を述べられている宮嶋議会運営副委員長(木津川市)の様子

視察対応のお礼を述べられる宮嶋議会運営副委員長

記念撮影で視察研修終了

木津川市議会の皆さん

最後に、議場で記念撮影を行い、研修は終了しました。

木津川(きづがわ)市議会の皆さんお疲れさまでした。お互いによりよい議会になるようがんばりましょう。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱