現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会の活動報告 > 議会報告会 > 平成28年第2回取手市議会報告会を開催しました(平成28年11月12日)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月14日

平成28年第2回取手市議会報告会を開催しました(平成28年11月12日)

平成28年11月12日(土曜日)午前10時から取手市役所藤代庁舎大会議室にて、平成28年第2回取手市議会報告会を開催しました。

内容は、平成28年9月に行われた第3回定例会における平成27年度決算や議案、平成28年第1回議会報告会の参加者の皆さんからの市政に関するご意見・ご要望に対する調査結果の報告、政務活動費についての報告、質疑などが行われました。

今回も「参加者との意見交換を重視した報告会」として開催し、活発な意見交換が行われ、とても有意義な報告会となりました。

議会報告会の概要(ページ下部の「開催の概要」に移動します)

議会報告会参加者のアンケート集計結果(ページ下部の「参加者のアンケート結果」に移動します)

議会報告会で使用した資料(ページ下部の「議会報告会資料」に移動します)

多くの市民のかたが参加

今回の報告会は24人の全議員が出席し、41人の皆さんに参加いただきました。残念ながら今回は高校生の参加はありませんでしたが、他自治体議会議員もご参加いただき、報告会の様子を見学されました。

多くのかたに参加していただいた議会報告会開会時の様子

多くのかたに参加していただいた議会報告会開会時の様子

前半は第3回定例会の報告

開会

山野井(やまのい)議員の司会のもと開会し、佐藤清議長から冒頭に、平成28年10月に起きた飯島議員の政務活動費収支報告書の修正および返還の問題について、議会を代表して謝罪をしました。その後、飯島議員本人からも謝罪の言葉がありました。一時、場内が騒然としましたが、参加者の皆様のご理解とご協力のもと、予定どおりの進行となりました。

あいさつをする佐藤(清)議長

あいさつをする佐藤清議長

議会の概要を説明

議会運営委員長の入江議員から取手市議会の組織や構成などの概要について説明しました。

議会の概要を説明する入江議会運営委員長

議会の概要を説明する入江議会運営委員長

各委員会の審査結果と主な内容を報告

総務文教常任委員会

総務文教常任委員会からは、所属委員の竹原議員が報告

説明をする竹原総務文教常任委員

福祉厚生常任委員会

福祉厚生常任委員会は、副委員長の岩澤議員が報告

説明をする岩澤福祉厚生常任副委員長

建設経済常任委員会

建設経済常任委員会は、所属委員の齋藤議員が報告

説明をする齋藤建設経済常任委員

決算審査特別委員会

決算審査特別委員会は、副委員長を務めた小堤議員から、平成27年度決算の中から特出すべき案件を例に出しながら、審査結果の報告がありました。

説明をする小堤決算審査特別副委員長

議会報告会ワーキングチーム

議会報告会ワーキングチームからは、池田議員が今回の議会報告会を開催するにあたって、事務局も含め議会全体で協力しあったこと。そして何より、参加者の皆さんが足をお運びいただいたことにより開催できることに感謝していますと、お礼の言葉がありました。

お礼のあいさつをする池田議会報告会ワーキングチームリーダー

報告の後は質疑

各委員会からの報告後は、参加者の皆さんの質疑を受け付け、「ウェルネスプラザの市外からの来場者数は?」など質疑があり、市民の皆さんの市政に対する関心の高さがうかがえました。

第2部は常任委員会ごとに意見交換

今回の意見交換は、各常任委員会ごとに3つグループで椅子を輪のように並べて、各所属委員が着座し、参加者の皆さんが平成28年第1回議会報告会のご意見・ご要望の調査結果の回答を得たり、関心のある事業等の担当委員会の席に自由にお座りいただき、意見交換を行いました。

また、予定していた時間では終了できないほど、たくさんの白熱したご意見が寄せられましたので、閉会後に総務文教常任委員会のグループは再度の意見交換を行いました。

意見交換の様子

総務文教常任委員会のグループ

落合・池田・赤羽(あかば)・阿部・入江・関戸・小堤(こづつみ)・竹原議員

総務文教常任委員会のグループが輪になって意見交換をしている様子

福祉厚生常任委員会のグループ

山野井・岩澤・佐藤清・佐藤隆治・吉田・染谷(そめや)・飯島・小池議員

福祉厚生常任委員会のグループが輪になって意見交換をしている様子

建設経済常任委員会のグループ

渡部(わたなべ)・石井・加増(かぞう)・遠山・齋藤・結城・細谷・関川議員

建設経済常任委員会のグループが輪になって意見交換をしている様子

収支報告書修正やその後の経緯説明

続いて、佐藤清議長から、飯島議員による政務活動費収支報告書の修正、政務活動費の返還、臨時会が開催され政務活動費の交付に関する条例の一部改正がされたことや、飯島議員の議員辞職を求める決議が全員賛成(飯島議員を除く)で可決したことなど、これまでの一連の経緯を時系列で説明しました。

その後、政務活動費等に関する質疑応答を行いました。

閉会のあいさつ

最後に、染谷(そめや)副議長から報告会への参加者の皆さんへのお礼の言葉を述べ、閉会となりました。

お礼の言葉を述べ、閉会のあいさつをする染谷副議長

飯島議員本人に対する質疑

閉会後には、飯島議員が一連の政務活動費問題について説明責任を果たすため、希望者との質疑応答を行いました。

 開催の概要

  • 日時
    平成28年11月12日(土曜日)午前10時から
  • 会場
    取手市役所藤代庁舎大会議室
  • 参加者数
    41名
  • 主な内容
    • 第3回定例会で審議した平成27年度決算、議案等の結果報告
    • 前回(平成28年5月)の議会報告会の参加者からの市政に関するご意見・ご要望に対する調査結果の報告
    • 各常任委員会での意見交換
    • 政務活動費についての報告、質疑

 参加者のアンケート結果

Q1.本日の議会報告会に参加しての感想は次のうちどれに該当しますか?

  1. とてもよい 5件
  2. よい 9件
  3. 普通 3件
  4. 悪い 1件
  5. とても悪い 1件
  6. 未回答 1件

理由

  • 議員との話し合いは、良いことだと思いますが、時間が少ない。
  • 初めてなので判断できませんが、意見を市議のかたに伝えられたのは良かった。また9月議会の内容について少し分かったのは、参加してよかったと思います。
  • 何はともあれ、市民と議員が顔なじみになり、市民も普段に意見が言え、議員も市民の声が聞ける場が必要。
  • 率直な意見交流があった。
  • 公共施設の値上げについて。
  • 話し合いに分かれてやったのがよかった。時間配分を、質問が長くなっておりましたので、ある程度したら打ち切ることが大事。
  • 初めてだし自分の能力では発言の仕方はとても難しい。
  • 討論の時間をもっと設けるべき。私は12月市議会審議決定の「使用料・手数料値上げ反対」のために来ました。もう11月です。この問題の重要さの認識があまりにないのではないですか。
  • 議員として細かいところまで勉強しなければならないと思いました。
  • 市政の問題点がわかる。
  • 誤認があった件を先に持ってくるのは良くない。本人がお詫びをすればそれで済むことではないはず。

Q2.取手市議会報告会に何回目のご参加になりますか?

  1. 初めて 13件
  2. 2回目 3件
  3. 3回目 1件
  4. 4回目 0件
  5. 5回以上 2件
  6. 未回答 1件

Q2-1.Q2で「2回目」「3回目」「4回目」「5回以上」と答えたかたにお伺いいたします。
前回の報告会から「皆さんとの意見交換に重点を置いた報告会」といたしました。以前の「報告重視の報告会」と比較していかがですか?

  1. よくなった 2件
  2. 変わらない 2件
  3. 悪くなった 0件

理由

  • 資料が内容に具体的な点が少し多くなったとみえる。
  • 式次第に通算回数を記入されたい。グループ分けで身近に話せて良かった。

Q3.議会報告会の開催について、何でお知りになりましたか?(複数回答可)

  1. 議会だより「ひびき」 9件
  2. ひびきメール 3件
  3. 取手市ホームページ 2件
  4. その他 4件
    • 市役所
    • 議員から
    • 市報
    • 友人に誘われて

Q4.日時・会場について

  1. これでよい 8件
  2. 変更したほうがよい 6件
  3. 未回答 3件

理由およびご意見

  • 市役所、支所等と年ごとに変更したほうがよい。1回では少なすぎるのでは。
  • もっと時間をつくってほしい。
  • 1カ所だけでは参加できない人もいるので、せめて2カ所ぐらいで開いたらどうですか?
  • 時間はもう少し長くてもよい。
  • 車社会なので今回みたいな駐車場が広い所だとよいと思いました。日時については、日曜日とかになれば、もっと若い市民のかたにも参加いただけるし、もっと報告会のPR(日時の)があればと思います。
  • 各委員会に分かれての討論は、別々のブースがほしい。
  • 来られる人は限られます。本庁舎のほうが集まりやすいのでは。
  • 取手ウェルネスプラザで開いてください。
  • 午前10時から正午を午前9時30分から正午に。市民の意見をもっと聞いてほしい。
  • 午後1時からの時間設定を考えたことはありますか。ウィークエンドということと集客状況もだいたい良い。

Q5.議員と意見交換をしたい内容、項目、議題などがあれば自由にご記入ください。

  • 使用料改定問題。
  • 街の活性化・弱者対応=やさしい街=発信=人が活性。
  • 市が所蔵する美術品の保管、公開、展示による市の魅力発信。
  • 取手市の雨水蓋がコンクリートのため、毎年台風及びゲリラ時に、雨水が多量に流れるため、コンクリート蓋が浮上してしまうので、取手市内の既設蓋を予算を組んで、危険予知を解消してもらいたい。コンクリート蓋が浮上すると車道・歩道など事故が起きるので早急にお願いしたい。
  • 魅力ある街づくりに果たす「子育て政策」の役割について。
  • これから勉強(よく聞いて参加)していかなければと思っている。
  • 「使用料・手数料の値上げ」について白紙撤回に。

Q6.性別をお聞かせください。

  1. 男性 10人
  2. 女性 6人
  3. 未回答 3人

Q7.年代をお聞かせください。

  1. 20代以下 0人
  2. 30代 0人
  3. 40代 1人
  4. 50代 0人
  5. 60代 6人
  6. 70代以上 9人
  7. 未回答 3人

Q8.その他、議会報告会について、お気づきの点をご自由にお書きください。

  • 質問の内容に的確に答えていただきたかったです。
  • 議員のかたには、市民の声をよーく聞いて、いろいろな審議に反映していただきたい。
  • 大変参考になりました。ありがとうございました。
  • 今回のような雰囲気は、たくさんの意見が聞かれる第一条件です。その点で議会側の努力に感謝します。一部個人つるし上げ的な言動がありましたが、冷静に発言してもらいたかった。
  • ことバス、かたらいの郷(100円から200円へ)の値上げはとどまってほしい。年金生活の低所得者なので、これからだんだん値上げしていく気配でいくと困ります。かたらいの郷にはもう行かないでしょう。となっていくとそういう人がいると廃館になると思います。プロパンガスですが、怖いです。都市ガスより高いし。
  • ともかく住民から離れた議会です。格差と貧困の時代と言われており、貧困が蔓延しています。「貧困の解決」の中に住民に立脚した市政の転換があるのではないですか。今のままでは市政は形骸化です。
  • 口利きは細かい気を使ってすること。
  • もっと自信をもって行動!
  • 市民意見交換会の時間配分が少ない。もう少し時間があれば多くの意見が聞くことができるはず。
    政務活動費は金額多少にかかわらずその都度毎月精算するのが基本ではないでしょうか。その月の精算分をなぜ誤認を生むのか疑問です。市民の立場から言えば、広く疑いを持っている。
  • 意見交換の場所について、委員会ごとのブースが近すぎて声のハウリングで雑音になる。残念。

 議会報告会資料

議会報告会当日、会場にて使用した資料は下のリンクからご覧ください。

議会報告会資料(PDF:5,326KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。