現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 新任職員が議会議場で研修を行いました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年4月6日

新任職員が議会議場で研修を行いました

平成29年4月5日(水曜日)、平成29年度新任職員が取手市議会議場を会場に研修を行いました。
今回は、新任職員の研修の一つとして開催されました。議場という慣れない場所に、皆さん緊張していました。
講師は議会事務局職員が担当し、取手市議会について紹介しました。
また、新任職員は登壇(とうだん)し、1人1分程度で「入庁した抱負」を語る課題が突然、持ち込まれ、これには驚いていましたが、皆さんの言葉からは「頑張るぞ!」「やってやるぞ!」という気持ちが伝わってきました。

議会事務局職員の紹介と激励

議会事務局職員が挨拶している

研修開始前に、議会事務局職員が自己紹介しました。また、新任職員の皆さんに、先輩職員として応援メッセージを一言ずつ述べました。
ちなみに、私たち事務局職員も講師の議会事務局職員から突然、応援メッセージを要求され、少々驚きました。

新任職員議会を開会

議長役に議会事務局長

新規採用職員が登壇し、市の職員としての抱負を述べている

自己紹介が終了し、いよいよ「新任職員議会」の開会です。
初めに議長席に議会事務局長が着席し、開会のあいさつや目的を話しました。

新規採用職員が登壇し、市の職員としての抱負を述べている

次に、新任職員の1人1分程度の「入庁した抱負を語る」です。
緊張しながらも、希望に満ちた思いを述べていました。
副市長や総務部長をはじめ人事担当職員、他の用で来庁していた染谷(そめや)副議長、池田議員も傍聴席からその様子を心の中で応援しながら見守っていました。

取手市議会を学ぶ

議会事務局職員がパソコンを使用し、取手市議会を紹介している

講師役を務めた事務局職員の笑いをまじえた自己紹介から始まり、ようやく新規採用職員に安堵(あんど)の表情が見られました。
いよいよ研修の本題に…「取手市議会の議員定数は何人?」「議員の報酬や政務活動費はどうなってる?」などなど1問1問、問いと答え、質問を繰り返していきました。
皆さん真剣な表情でした。
最後に、表決システムを使用し、「取手市役所に入庁してよかったと思う人は賛成者ボタンを押してください。」の問いに全員が賛成ボタンを押しました。

閉会

あっという間に閉会となりました。新任職員は大きな声であいさつをして、議場を退出していきました。皆さん、お疲れさまでした。今後は市の職員として、共に頑張りましょう!

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。