現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 学校教育関係者と総務文教常任委員が意見交換会を行いました

印刷する

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

学校教育関係者と総務文教常任委員が意見交換会を行いました

平成29年8月18日(金曜日)、「いじめ防止対策」をテーマに、意見交換会を行いました。24人の学校関係者(市内小中学校教諭の皆さん、指導課の職員)と9人の議員の計33人が、3つの班に分かれて意見交換を行いました。
意見交換会は総務文教常任委員会の休憩中に行いました。和んだ雰囲気の中、学校関係者からは、教育現場の現状を踏まえたさまざまな意見が出されました。議員からも多くの意見や質問が出され、活発な意見交換が行われました。

開会のあいさつ

まず、落合委員長から、今回の意見交換会実現への御協力をいただいた、市教育委員会・指導課をはじめとした関係各位への御礼や、本日の意気込みなどあいさつがありました。

白いワイシャツを着た短髪の男性が両手で用紙を持って立ち、その隣に白いワイシャツを着た短髪の女性が立っている

茶色の壁でできた部屋に、スーツを着た男性4名がこちらに背を向けて座り、その奥にスーツを着た男性7名と女性2名が立っている

3つのテーマについて意見交換

意見交換会では、次の3つのテーマについて意見交換を行いました。

  1. 総務委(案)(PDF:133KB)(別ウィンドウで開きます)を皆さんの目線でどう思いますか?
  2. 総務委(案)(PDF:133KB)(別ウィンドウで開きます)を具体的に実現・運用するためのアイデアは?
  3. 現場における日頃の不平・不満を愚痴り、その愚痴を解決するための考えは?

意見交換会の司会進行は議会事務局職員が担当し、和やかで意見の出やすい雰囲気づくりに努めました。

会議室内に大きな机が3つ置かれ、それをスーツを着た男性と女性合計18名が囲み座っている。奥にスーツを着た男性1名が立っている

意見交換会の開始後は、「取手市の子どもたちのためになんとかしたい」という共通の想いから、緊張した雰囲気もすぐに打ち解け、活発な意見交換が行われました。

会議室内に大きな机が置かれ、それを囲んでスーツを着た短髪の男性5名と長髪の女性2名が座っている

会議室内に大きな机が置かれ、それを囲んでスーツを着た短髪の男性7名と女性1名が座っている

会議室に大きな机が2つ置かれ、手前の机を囲んで男性7名と女性3名が座り、奥の机を囲んで男女合計9名が座っている

閉会のあいさつ

最後に佐藤清議長から、本日の意見交換の御礼と、充実した意見交換に「もう少し時間が欲しかった」との感想を閉会のあいさつで述べられ、意見交換会は終了しました。

置かれた黒板に模造紙が貼られ、その手前にスーツを着た女性が立ち、その両脇にスーツを着た男性が1名ずつ立っている
学校教育関係者の皆さん、お疲れさまでした。
今後はこの日の意見も含めて、総務文教常任委員会として意見案をまとめていく予定です。
ご協力ありがとうございました!

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

広告エリア

広告募集要綱