現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 教育・福祉関係者の皆さんに総務文教常任委員会が報告・意見交換を行いました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年1月11日

教育・福祉関係者の皆さんに総務文教常任委員会が報告・意見交換を行いました

平成30年1月9日(火曜日)、議会棟大会議室にて、いじめ防止対策提言に関する決議等について、議会の調査経過や提言の内容報告等と、意見交換を行いました。
22人の教育・福祉関係者(教育相談員・子どもと親の相談員・人権擁護委員・青少年相談員・民生委員・主任児童委員ほか)の皆さんと、佐藤 清議長、染谷(そめや)副議長、総務文教常任委員8人の計32人が5つのグループに分かれて行った意見交換では、熱意のこもった意見交換が行われました。
なお、この報告・意見交換は委員会の休憩中に行い、司会進行は染谷(そめや)副議長が行いました。

開会のあいさつ

まず、議長から、今回お集まりいただいた教育・福祉関係者の皆さんに条例制定に向けてご協力をいただいたことに対する感謝の気持ちや「議会が市長や教育長に提出した提言内容を見ていただきたい。」などのあいさつや、パブリックコメント(市民意見公募)のご案内を行いました。

佐藤議長から開会のあいさつ

議会の動きを報告

落合委員長からの報告

次に、落合委員長から「前回の意見交換会で素晴らしいご意見をいただいたことに感謝しております。」とあいさつした後、いじめ防止対策についての提言提出までの経過と条例制定に向けての今後のスケジュールを「総務文教常任委員会」と「市と教育委員会」に分けた表や、委員会開催時などの写真をスクリーンに映しながら報告を行いました。

落合委員長からの報告

スクリーンに映しながら報告する落合委員長

説明に併せてパブリックコメント(市民意見公募)のご案内もありました。

池田副委員長からの報告

次に、池田副委員長より総務文教常任委員会が提出した「いじめ防止対策提言に関する決議」や「子どもと向き合える学校の実現を求める意見書」など、会場でお配りした資料を元に、いじめ通報アプリの導入で傍観者をつくらないなどの具体的な内容を説明しました。

池田副委員長の報告

各グループで意見交換

報告終了後は意見交換

総務文教常任委員会からの報告終了後、教育・福祉関係者の皆さんと議員が、5つのグループに分かれて、報告に対して意見交換をしました。
意見交換は約1時間行われましたが、終了時間近くになっても意見が尽きることなく、時間いっぱいまで熱心な意見交換が行われました。
意見交換する1班の皆さん
1班
落合議員、佐藤議長ほか教育・福祉関係者の皆さん

意見交換する2班の皆さん
2班
池田議員、入江議員ほか教育・福祉関係者の皆さん

意見交換する3班の皆さん
3班
竹原議員、染谷(そめや)議員ほか教育・福祉関係者の皆さん

意見交換する4班の皆さん
4班
阿部議員、小堤(こづつみ)議員ほか教育・福祉関係者の皆さん

意見交換する5班の皆さん
5班
赤羽(あかば)議員、関戸(せきど)議員ほか教育・福祉関係者の皆さん

1班を手前にした意見交換の全体の様子

2班を手前にした意見交換の全体の様子

会場中部辺りから1班を含めて写した意見交換の様子

閉会のあいさつ

最後に、総務文教常任委員会の落合委員長から参加者の皆さんに対して改めて感謝の気持ちを込めた閉会のあいさつがあり、総務文教常任委員会の報告と意見交換は終了しました。

閉会のあいさつをする落合委員長
教育・福祉関係者の皆さん、長時間お疲れさまでした。
ご協力ありがとうございました。

また、報告と意見交換終了後、総務文教常任委員会において、各班で出た意見の報告を行いました。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱