現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 取手市議会の取り組みを茨城県市議会議長会長に報告し、推進を依頼

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年7月30日

取手市議会の取り組みを茨城県市議会議長会長に報告し、推進を依頼

平成30年8月8日(水曜日)、入江議長と渡部(わたなべ)副議長が茨城県市議会議長会の田口会長(水戸市議会議長)を訪問し、6月に決定した会議規則・傍聴規則の改正、国に提出した意見書等、政治分野における男女共同参画推進法の理念に深く関係する取手市議会の取り組みについて報告し、県内市議会でも推進していただけるよう依頼しました。

また、翌8月9日には入江議長、渡部(わたなべ)副議長、女性議員7人が集まり、前日の報告・依頼を初め、特別委員会の提言等に対するその後の対応等について、報告を行いました。

茨城県市議会議長会の田口会長に推進を依頼

女性議員による議会改革特別委員会による審査の経過や、この審査を経て6月に決定した会議規則・傍聴規則の改正、国に提出した意見書(3件)について、茨城県市議会議長会長に説明・報告しました。また、これらの取り組みについて、県内市議会にも推進していただけるよう依頼しました。
田口会長からは「次回の会議時に報告し、県内市議会での動きも期待したい」と述べられました。

取手市議会の入江議長とわたなべ副議長が、茨城県市議会議長会の田口会長へ取り組みの報告書を渡している様子

今回報告した事項

特別委員会の提言等に対するその後の対応について報告

入江議長、渡部(わたなべ)副議長、女性議員7人が集まり、前日の茨城県市議会議長会長への報告・依頼を初め、特別委員会の提言等のその後の対応等について、懇談形式で報告が行われました。議会棟トイレへの子ども用便座や手すりの設置等、既に対応済みの事項についての報告や、今後対応を予定しているもの・長期的な検討が必要なものについては、その方向性について報告がなされました。女性議員からは、議場傍聴席のバリアフリー対応や、応接室を子連れの傍聴者が利用できる整備などについて質問があり、可能なものは順次対応していく方針を確認しました。

会議室でコの字型の机に着席し、懇談形式で報告を行ている様子

議員の皆さんと石井議員のお子さんが笑顔で会話をしている様子
石井議員は、夏休み中のため小学生のお子さんも同席での参加となりました。

取手市議会では、引き続き環境整備に取り組んでまいります。

 

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱