現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 議員研修会を開催しました(2日目)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月24日

議員研修会を開催しました(2日目)

去る2月18日、19日に議会事務局主催による議員研修会を開催いたしました。これまで選挙後には新議員を対象とした事務的な説明会は開催しておりましたが、今回、初の試みで議会事務局職員一丸となって、研修項目や内容を考え、開催いたしました。

二日目の様子は次のとおりです。

2月19日

「色」好感度アップ!皆さん見られていますよ

研修二日目の最初は「色」についてです。議員は、各種行事への出席や議会でのインターネット中継はじめ人前に立つ機会が多いため、服装などの配色や色の持つイメージについて説明しました。

パワーポイントを用いて説明する議会事務局職員

議会基本条例、会議規則、委員会条例などに関する研修

議会基本条例や会議規則、委員会条例、議会の申し合わせなど、議会内で用いられるルールについて、問題を解いていただきながら、答え合わせを説明にする手法での研修でした。引っかけ問題をつくった担当の事務局職員はニヤリです。

複数の議員が机上で研修を受けている様子(その1)

複数の議員が机上で研修を受けている様子(その2)

問題の答え合わせを行っている様子

答え合わせの際は、当選回数の多い議員からも「改めて問われると悩むな」など再確認のよい機会となりました。

グループワークを実施

二日目は、二つのグループに分かれての研修となりました。初日同様グループ名を決めました。二日目のお題は「取手といったら○○」。「○○」の部分を出し合った結果、「利根川」「取手二高」と決定しました。

利根川グループ

  • グループ代表
    結城(ゆうき)
  • グループメンバー
    竹原、小池、岩澤、落合、石井、飯島、山野井、染谷(そめや)、佐藤(隆)、齋藤、議会事務局職員
取手二高グループ

photo18

  • グループ代表
    阿部
  • グループメンバー
    関川、小堤(こづつみ)、池田、関戸(せきど)、渡部(わたなべ)、吉田、入江、佐藤(清)、赤羽(あかば)、遠山、議会事務局職員

議会のルールを用いた事例研究を実施

「新規条例制定案に賛成したいが、どうしても施行後、市民生活に影響が出るのではないかと心配になる条項がある。上位法との絡みで、継続審査にする時間的余裕もない。この議員の思いを解決する方法はどんな方法がある?」をテーマに、議会基本条例や会議規則などを駆使し、どんな解決方法があるかを各グループで研究しました。

新人議員による模擬一般質問、議案質疑

関川、竹原、小堤(こづつみ)議員の3人が3月1日から開会される定例会を前に、一般質問を通告から質問までの実践。また、議案質疑も、昨年、実際に審議、議決された議案を用いて実践しました。

前日に、審議予定の議案4件を告知。

答える側の市長はじめ職員役や議長役は登壇する3人を除く議員による抽選で決定するため、双方が事前準備に…。

議長役には山野井議員が。市長役には関戸(せきど)議員が務めることに。議会事務局長席には議会事務局の女性職員が担当することに決定。いつもと違う空気感の議場となりました。答弁担当に当たらなかった議員や事務局職員は、3人の新人議員の声の大きさや態度などを傍聴席から評価シートに書き込む評価者となり、厳しい目でチェックしました。

写真に向かって左から関川、竹原、小堤(こづつみ)議員。緊張した面持ちで着席しています。奥の傍聴席には評価者役の議員が座っています。

通告の順に登壇して模擬一般質問を行う竹原議員

続いて、通告の順に質問する関川議員

通告順の最後に小堤(こづつみ)議員

「ひびき」議会だより、採決表示システムなどに関する研修

定例会ごとに発行している「ひびき」議会だよりは、紙面の内容は議会で発言したことが記事となるため、特に討論の部分は、賛成なのか、反対なのか明確な発言とするよう願いました。

また、採決は議員の態度表明の大きな行為。押し間違えや押し忘れなどということはないよう願いました。

最後は「未来の議会の形は…」

研修最後の内容は、グループで未来の議会の形を描くためのグループワーク。「議決型議会と政策提案型議会どちらが現実として理想か」をテーマとして話し合いました。参加議員それぞれが理想と現実を見つつ、課題を出し合ったり、将来の理想像を出し合いました。

アンケート集計結果

参加議員にはアンケートの御協力をいただき、全参加議員から「とてもよい」「よい」の回答。また、今後継続して開催を希望するかの問いには1人を除き、継続を希望する回答でした。

また、講師役を務めた4人の職員に対しても声の大きさや態度、わかりやすさなど10段階評価をいただき、それぞれに温かいコメントをいただきました。

議長あいさつ

最後に、佐藤 清議長から二日間を通じての感想、参加議員や事務局職員に対し、これからの任期中、一体となって議会を運営していくことをあいさつされました。

佐藤清議長が二日間の研修の総括を述べている様子

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。