現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > 市長コラム(バックナンバー) > 2016年の市長コラム > 【市長コラム】ジャズとオーケストラで芸術の秋を満喫しよう

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年9月5日

【市長コラム】ジャズとオーケストラで芸術の秋を満喫しよう

市報「広報とりで」2016年9月15日号に掲載した市長コラムです。

今年は猛暑であっただけに、本格的な秋の到来が待たれるところです。芸術の秋という言いかたをしますが、取手市では、本年10月の第1週の週末、第2週の週末と連続して、「取手音楽の日」と銘打った本格的な音楽コンサートを開催します。

10月1日の土曜日と、2日の日曜日には、取手市民会館大ホールをメイン会場として「取手ジャズデイズ!2016」を開催します。今年で6回目となる開催ですが、ジャズファンが、地元はもとより関東各地から駆けつけてくれます。個性の異なるプロのバンドが、二晩に渡って繰り広げるゴージャスなアドリブ展開に心が躍ります。土曜日には、東京芸術大学ビッグバンド(マントビボ)に特別出演していただきます。東京芸術大学のビッグバンドは、年に一度の「藝祭(げいさい)」でしか結成されませんが、今回の取手ジャズデイズのために特別に結成していただくものです。また、日曜日の大トリは、盛り上げ上手な佐山雅弘さんのバンドで締めくくります。「アートのあるまちづくり」を全国に発信する事業として財政的に応援している事業ですので、チケットは前売りで一日2,500円という低価格としています。内容の濃さを考えると、他では得られないお得な中身です。ぜひ、市民の皆様にまず鑑賞していただきたいと考えております。さらに、有料のプロステージの他、中庭特設ステージでは市内のアマチュアバンドも多数参加し、屋台による飲み物やスナック類の提供されるなかで、ゆっくりと楽しめる構成になっています。

10月8日土曜日には、取手ウェルネスプラザを会場として、「取手ウェルネスコンサート」をオーケストラ形式で開催します。演奏は、東京芸術大学ウインドオーケストラで、二管編成と呼ばれる50名程度での演奏となります。クラシック音楽を中心に、幅広い年齢層に対応できる曲目が演奏されます。午後3時30分からの第二部は一般向けとなりますが、午後1時からの第一部は未就学児の入場も可能としております。指揮者の山本正治教授にも会場をすでに見ていただき、ホールの特性を生かした最高の演奏となるよう企画を温めていただいています。こちらは入場無料となっています。

市民の皆様が心豊かで健やかな生活を送るうえで文化・芸術に身近なところで触れられることはとても大切なことだと考えています。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。