現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手市の紹介 > 友好都市・姉妹都市 > 姉妹都市・友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示します

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月16日

姉妹都市・友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示します

市は平成27年度から、姉妹都市米国ユーバ市及び友好都市中国桂林市の学生と市内市立中学1年生との作品による交流を行っています。

作品は自分のまちの写真とそれに込めた思いをメッセージとして記入したものです。写真のテーマを「自分のまちの好きな風景」として作品を募集しました。

今回も例年同様に、市立中学校6校(取手第一中学校・取手第二中学校・永山中学校・戸頭(とがしら)中学校・藤代中学校・藤代南中学校)の中学1年生と、ユーバ市・桂林市の学生が本事業に参加しました。今回の募集では、市内中学校からは作品119枚、ユーバ市からは作品34枚、桂林市からは作品30枚の提出がありました。

このたび、この事業に参加いただいた姉妹都市米国ユーバ市及び友好都市中国桂林市の学生と市内市立中学1年生の作品の展示を行うことになりました。

提出作品

姉妹都市・友好都市の学生から提出のあった作品をひとつずつ紹介します。

ユーバ市学生の作品

ユーバ市学生の作品

日本語訳

これは家族連れにやさしいプラマスストリートの写真です。この通り沿いには家族連れが行くたくさんのレストランとお店があります。時期によっては、この通りでパレード、祭り、イベントをしています。古くからあるサターシアターがライトアップされているのを見るのに夜に行ってみてください。

リバーベンドエレメンタリースクール8年生 ヒューゴ・メンドーザ

桂林市学生の作品

桂林市学生の作品

日本語訳

これは私の故郷桂林です。ここの山は青く水は美しく景色は優美で、人々に一種の絵図の中にいるかのような感覚を与えます。秀麗である漓江(りこう)の風景は絵のようで、古語に「桂林山水天下に甲たり(桂林の風景は天下一である)」というが、無造作に写真を撮れば、これすなわち、美しい山水画となります。漓江(りこう)の岸辺で夕日の落ちる美しい景色を見ていると、ゆったりした気持ちにさせられます。これこそが私の故郷です。

広西帰范大学附属外国語学校 中学校2年生 蘇 俊嘉

展示期間

平成29年12月13日(水曜日)から12月26日(火曜日)まで

展示場所

藤代駅市民ギャラリー

平成29年12月13日(水曜日)から12月19日(火曜日)まで

取手駅市民ギャラリー

平成29年12月20日(水曜日)から12月26日(火曜日)まで

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。