現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手市の紹介 > 友好都市・姉妹都市 > ユーバ市(アメリカ合衆国) > 平成30年度ユーバ市派遣団派遣事業

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年11月8日

平成30年度ユーバ市派遣団派遣事業

平成30年10月26日(金曜日)から平成30年11月3日(土曜日)にかけて、市内在住の中学生・高校生20名の皆さんと団長を含む大人4名合計24名で構成する派遣団が姉妹都市のアメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市を訪問しました。団員は、現地でホストファミリー学生の通う学校での「学校体験」や本場でのハロウィン体験などの様々な活動を通じて、ユーバ市の皆さんと交流を深めました。

11月3日(日本時間) アメリカから帰国・到着式

11月3日(土曜日)の午後2時40分頃にユーバ市派遣団は無事成田空港に到着しました。バスで取手市役所まで移動し午後5時20分頃に到着しました。保護者の皆様、取手市姉妹都市協会の皆様をはじめとする方々に迎えられ、ユーバ市派遣団到着式を執り行いました。

一列に並ぶユーバ市派遣団とその列に並行して並ぶ保護者や関係者の皆さん

派遣団の皆さんは、今回の派遣で多くのものを得たことと思います。ユーバ市で得た経験や感想を是非ご家族や学校のお友達と共有していただきたいです。

11月1日(現地時間) ユーバ市からサンフランシスコ市へ

とうとうユーバ市の皆さんとお別れの時がやってきました。ユーバ市役所前でお別れ会(クロージングセレモニー)が行われました。お別れ会の後にはバスでサンフランシスコ市に向かいホテルで1泊をしてから日本に帰国します。

クロージングセレモニー

お互いに今後連絡をとりあうこと、そしていつかの再会を誓いつつ涙あり笑いありのお別れとなりました。またお互いに会う日まで!

くの字型に集まるユーバ市民と派遣団員

抱擁しあうユーバ市民と派遣団員とユーバ市民に肩をだかれる派遣団員

男子派遣団員2名の肩をだくユーバ市民

ピースをする女子派遣団員と横に寄り添って立つユーバ市民

中央に寄り添って立つ派遣団員とユーバ市民

ケーブルカー乗車

サンフランシスコ市内には名物のケーブルカーが走っています。派遣団はケーブルカーに乗りサンフランシスコ市内の街並みを楽しみました。

横並ぶにケーブルカーの座席に座る女子派遣団員

ケーブルカーの座席に横並びに座っている男子派遣団員

カーブルカーの座席の横並びで4人で座っている女子派遣団員

フィッシャーマンズワーフ

昼食をかねてフィッシャーマンズワーフに立ち寄りました。

フィッシャーマンズワーフの看板の下で集合写真に写る派遣団員

店の入り口でサングラスをして立っている男子派遣団員

店で買い物をしている女子派遣団員

ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジは霧がかかり橋の全身が見えない時があります。この日は天候にも恵まれたため、大きく赤い橋の全容を眺めることができました。

ゴールデンゲートブリッジを背景に集合写真に写る派遣団員

派遣団員で記念撮影をしました。

ツインピークス

サンフランシスコ市内が一望できる丘の上からサンフランシスコの景色を眺めました。

サンフランシスコの市街を背景に集合写真に写る派遣団員

ここでも記念写真を撮りました。

サンフランシスコ市での夕食

有名なステーキ店でステーキを食べました。

ステーキを食べている男子学生

テーブルの席についてサラダを食べる前の男子派遣学生

本日でアメリカでの行程は終わりとなり、明日はいよいよ帰国の日です。

10月31日(現地時間) 学校体験

学校体験の2日目がやってきました。一般派遣団員は学生が学校体験中のいくつかの学校を訪問しました。

ビュート・ビスタ学校

ビュート・ビスタ学校でユーバ市との写真による交流事業作品の交換をしました。写真による交流事業については下記のページをご覧ください。

市内中学校でユーバ市・桂林市学生との写真交流作品の展示をしました

姉妹都市・友好都市の学生との写真による交流事業作品を展示します

スクリーン前にいる派遣団員とユーバ市学生

建物の外廊下にいる派遣団員学生とユーバ市学生

ティエラ・ブエナ学校

ティエラ・ブエナ学校ではハロウィンパレードの真っ最中でした。

仮装をしている取手市学生とユーバ市学生の集合写真

仮装をしてハロウィンパレードに参加する学生派遣団員

本日でユーバ市内での行程は終わりとなります。明日の早朝にはユーバ市の皆さんとお別れしてサンフランシスコ市に向かいます。

10月30日(現地時間) カリフォルニアハイウェイパトロール学校視察 他

ユーバ市の滞在行程も残り2日となりました。学生派遣団員は本日と明日の2日間ホストファミリーとともに学校へ通いアメリカの学校生活の体験をします。一般派遣団員はユーバ市内外の公共施設等の視察をします。

カリフォルニアハイウェイパトロール学校

カリフォルニアハイウェイパトロール学校を視察しました。

ショーケース内の展示を見ている派遣団員

校内にある平らな場所集合写真に写る派遣団員と学校関係者

ユーバ市内の博物館

ユーバ市内の博物館(コミュニティメモリアルミュージアムオブサターカウンティ)を訪問しました。この博物館には姉妹都市締結20周年を記念して取手市から寄贈したお神輿が展示されています。

展示している神輿を見る派遣団員

展示中の御輿

10月29日(現地時間) カリフォルニア州都 サクラメント市内視察・ウェルカムパーティー

この日はバスでカリフォルニア州都のサクラメント市に向かい、市内施設を視察しました。

ゴールデンワンセンター

派遣団は、NBAサクラメント・キングスの本拠地の屋内競技場(ゴールデンワンセンター)を視察しました。学生団員はバスケットコートを含めた会場の大きさに驚いている様子でした。

施設の説明を受ける派遣団員とホストファミリー

コート内でピースをしている派遣団員とホストファミリー

バスケット選手のイラストの描かれた壁の前で集合写真に写る派遣団員とホストファミリー

サクラメント旧市街

派遣団はサクラメント旧市街まで歩いて砂金採りを体験しました。採れた砂金は小さな容器に入れて持ち帰ることができます。砂金採り後は旧市街でホストファミリーとそれぞれ昼食をとりました。

縦長の木製の土の入ったケースから砂金を採っている派遣団員

砂金の採り方の説明を受ける女子学生

採れた砂金を見せている女子学生

カリフォルニア州議会議事堂 他

昼食後にバスに再び乗り、カリフォルニア州議会議事堂へ向かいました。施設を視察後にユーバ市へ戻ります。ユーバ市ではウェルカムパーティーが待っています。

州議事堂内の半円状の傍聴スペースに座っている派遣団員とホストファミリー

熊の置物の前で立っている派遣学生とホストファミリー

白い建物の前で集合写真に写る派遣団員とホストファミリー

ウェルカムパーティー

派遣団はそれぞれハロウィンの仮装をしてウェルカムパーティーに出席しました。パーティーではホストファミリーをはじめユーバ市の皆さんと一緒に踊ったりするなどして楽しいひとときを過ごしました。

仮装をした派遣団員とホストファミリー

仮装をした派遣団員3名とホストファミリー

英語の書かれた看板の前であいさつをする副市長

野口副市長が派遣団団長としてあいさつをしました。

仮装をして集合写真に写る訪問団員とホストファミリー

明日には学生たちはいよいよ待ちに待った2日間の学校体験をします。

10月26日(現地時間) サンフランシスコ空港からユーバ市へ

成田空港から約10時間のフライトを経てサンフランシスコ空港に到着しました。

スーツケースと立っている学生派遣団員
サンフランシスコ空港の到着ロビーでの写真。日本とユーバ市の時差は18時間(サマータイム実施中)あり、サンフランシスコ空港に到着したのは午前10時25分でした。これからまた長い1日の始まりです。

ショッピングモールでお昼休憩

ユーバ市へ行く途中にお昼休憩を挟みました。ショッピングモールのフードコートで英語と米ドルを使ってはじめての注文をします。

注文待ちをしている派遣団員
フードコートには中華料理店、サンドイッチ店、ピザのお店などたくさんのお店があります。何を食べるか迷っている様子です。

机を囲んで食事をとる派遣団員

机を囲んで食事をとる派遣団員

無事に注文することができ昼食を食べることができました。学生からは「英語の話すスピードが早くてびっくりした」という声が聞かれました。昼食が終わった後ユーバ市へ向かいます。いよいよ待ちに待ったホストファミリーとの対面が近づいてきました。

ユーバ市でのフラッグセレモニー

派遣団は地元の学生たちの楽器演奏により歓迎を受けました。

地元の学生演奏楽団とユーバ市派遣団

日本国旗とアメリカ国旗に挟まれた看板の前であいさつをするユーバ市長
両国の国歌が演奏されたほか、ユーバ市長とユーバ市姉妹都市協会会長からの歓迎のごあいさつがありました。

ホストファミリーとユーバ市派遣団員
スーツケースを引くホストファミリーとユーバ市派遣団員

ユーバ市での到着式典(フラッグセレモニー)が終わりホストファミリーとやっと対面できました。式典で緊張をしていた学生もホストファミリーと対面を果たせやっと笑顔がこぼれました。週末はホストファミリーと一緒に楽しいひとときを過ごします。週明けにはサクラメント市内視察やハロウィンパーティーそして学校体験が待っています。

10月26日 出発(日本時間)

出発結団式

取手市役所敷地内にある勤労青少年体育センターにおいて出発結団式が行われました。
保護者の皆様をはじめ、国際交流関係団体の皆様や、学校関係者の皆様、取手市議会議員の皆様、多くの皆様に見送られてバスで成田空港へ向かいました。

体育館でユーバ市派遣団が整列している様子。
勤労青少年体育センターの中で整列する団員

「ユーバ市派遣団出発結団式」横断幕前に、教育長、副議長、姉妹都市協会のかたが並び、その前で女性高校生が決意表明を述べている。
派遣団学生代表の決意表明の様子

体育館の壁に貼られた「ユーバ市派遣団出発結団式」の横断幕の前で、ユーバ市派遣団が集合写真を撮影している
出発前に派遣団員全員での集合写真撮影をしました。

成田空港到着

約1時間のバスの長旅を終えて成田空港に到着しました。

空港の出発ロビーに到着し、スーツケースを引きながらドアのかたに向かう学生たちの後ろ姿。
バスを降りて搭乗の手続きに向かいます。

学生がグランドホステスの女性から画面を見ながらチェックインの説明を受けている様子。
派遣団は成田空港に到着しロビーで旅行会社からチェックインの説明を受けています。

手荷物検査を終えた団員が出国審査のためにエスカレーターで下に降りていく様子。
チェックインの手続きと出国審査を経て飛行機に搭乗しサンフランシスコ空港を目指します。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱