現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > インフルエンザ・感染症 > 蚊を介して感染する「蚊媒介感染症」にご注意ください

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年7月11日

蚊を介して感染する「蚊媒介感染症」にご注意ください

ジカウイルス感染症(ジカ熱)やデング熱は蚊を介して感染します。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)

ジカウイルス感染症はネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどの蚊を媒介する感染症です。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)の症状

感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいこともあります。蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、発疹、結膜炎、関節痛、筋肉痛、倦怠感、頭痛等の症状が見られた場合は医療機関を受診してください。

妊娠と妊娠の可能性のある女性へ

妊娠中に感染すると、胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがあることから、妊婦及び妊娠の可能性があるかたは、可能な限り流行地域への渡航を控えたほうがよいとされています。
ジカ熱に有効な予防接種はありません。やむを得ず渡航する場合は、厳密な防蚊対策を講じることが必要です。

流行地域に渡航されるかたへ

渡航中

流行地域では、長袖、長ズボンや着用、蚊の忌避剤(きひざい)(虫よけスプレーなど)を使用し、蚊に刺されないように注意しましょう。

帰国時・帰国後

性行為により男性から女性パートナーへ感染した事例が報告されています。性行為による感染等のリスクを考慮し、流行地域に滞在中は症状の有無にかかわらず、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることを推奨します。すべての蚊がジカウイルスを保有しているわけではないため、蚊にさされただけで過分に心配する必要はありませんが、心配なかたや発熱等の症状があるかたは帰国の際の検疫所や、帰国後に最寄りの保健所にご相談ください。

デング熱

デング熱は、デングウイルスに感染することによって発症する感染症で、ヤブカ属のネッタイシマカやヒトスジシマカによってウイルスが媒介されます。

デング熱の症状

デングウイルスに感染してからデング熱が発症するまでの潜伏期間は2~14日。ウイルスに感染してもデング熱を発症しない人もいますが、発症した場合には、38度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛などの、インフルエンザと同様の症状が現れます。

デング熱を防ぐには

蚊に刺されない

ヒトスジシマカが活発に活動する日中に、屋外で活動する場合には、できるだけ次のような対策をして蚊に刺されないようにしましょう。肌を露出しない長袖長ズボンを着用する、白など薄い色のシャツやズボンを選ぶ、露出する部分には虫よけスプレーなどを使い、蚊を寄せ付けないようにする。

蚊の発生を抑える

ヒトスジシマカの成虫は雑木林や竹林などに生息し、日中(日の出から日の入り時間まで)に活発に活動します。交尾後、水中に産卵しますが、沼や池のような広い場所よりも、狭い水たまりのような場所を好みます。そのため、屋外に置かれた植木鉢の受け皿や空き缶、ペットボトルなどに溜まった水に産卵します。家の周囲を点検して不要な水たまりをなくすことが、ヒトスジシマカの発生を抑え、デング熱の発生を防ぐことにつねがります。

参考資料

ジカ熱についてより詳しく知りたいかたは以下のサイトをご覧ください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。