現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > インフルエンザ・感染症 > ノロウイルスの感染症に気をつけましょう

ここから本文です。

印刷する

更新日:2016年12月1日

ノロウイルスの感染症に気をつけましょう

ノロウイルスが原因と思われる集団感染が報告されています

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、1年を通して発生していますが、特に冬季に流行する傾向があります。また、学校や高齢者施設などでの集団感染の発生も見受けられます。茨城県でも保育所などの施設でノロウイルスが原因と思われる感染性胃腸炎の集団感染が発生しています。

ノロウイルスを含む感染性胃腸炎の茨城県内の発生状況は茨城県感染症情報センター(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)でご覧になれます。

ノロウイルスは人にだけ感染し、人以外の生物や食品中で増殖することはありません。

ノロウイルスは手指や食品などを介して、口から感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。子どもやお年寄りなどでは重症化することがあります。

ノロウイルスを予防するワクチンがなく、また、治療は点滴などの対症療法に限られます。

ノロウイルス予防4カ条

手洗い

ウイルスを洗い流すため、調理の前後、食事の前、トイレやおむつ交換後などは、必ず流水とせっけんでよく泡立てて手を洗いましょう。

効果的な手洗いについて詳しくは厚生労働省手洗いの手順リーフレットPDFファイル(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

食品対策

肉や魚などは生ものを食べるのを極力避け、生の部分が残らないように中までしっかり火を通しましょう(中心温度85度で1分以上)。

衛生管理

調理器具は、熱湯や塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を用いて殺菌しましょう。

汚物処理

おう吐物やふん便などの汚物を処理するときは、使い捨て手袋とマスクを着用しましょう。

汚物はビニール袋等に入れて密封し、ノロウイルスを広げて周りを汚染させないように速やかに処理しましょう。

汚染された床や患者の使用した便座やドアノブ等を消毒するときは、薄めた塩素系漂白剤を使うのが効果的です。

ノロウイルスの感染を予防するポイントや塩素系漂白剤の使用方法について、詳しくは厚生労働省ノロウイルスによる食中毒PDFファイル(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

問い合わせ先

  • 茨城県竜ケ崎保健所 電話0297-62-2161
  • 茨城県保健予防課 電話029-301-3233

参考に下記のサイトをご覧ください

厚生労働省ノロウイルスに関するQ&A(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

食中毒の原因について(ノロウイルス)いばらき食の安全情報(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。