現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 予防接種 > 予防接種(子ども編)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年9月27日

予防接種(子ども編)

一部の予防接種は取手市が費用を助成します

取手市に住民票があり、対象の年齢に該当し、委託医療機関で接種を行う場合にのみ助成を受けることができます。

全額助成で行うワクチン接種

(注意)ワクチンの種類により助成を受けられる対象年齢及び接種回数等が異なります。
下記に示す、各ワクチンの受けかたでご確認ください。

  • B型肝炎ワクチン
  • ヒブワクチン
  • 小児肺炎球菌ワクチン
  • BCGワクチン
  • 4種混合ワクチン
  • ポリオワクチン
  • 麻しん風しんワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 2種混合ワクチン
  • 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス)
  • 水痘(すいとう)(水ぼうそう)ワクチン

一部助成で行うワクチン接種

医療機関が定める接種料金から、一部助成額を差し引いた金額で接種できます。
(注意)助成を受けれられる対象年齢及び接種回数については下記に示す、各ワクチンの受けかたでご確認ください。

  • おたふくかぜワクチン
  • ロタウイルスワクチン
  • インフルエンザワクチン

助成には予診票が必要です

費用助成のための申し込みは特に必要ありませんが、接種時には予診票が必要です。
予診票は、「こんにちは赤ちゃん」訪問時か、対象年齢に合わせて適宜郵送します。
接種の際には医療機関に事前に予約したうえ、受診時に「予診票」と「母子健康手帳」を持参してください。

各ワクチンの受けかた

B型肝炎ワクチン

対象年齢

生後2カ月から1歳の誕生日前日までのかた

接種回数

3回

予診票の交付時期

予診票は生後1カ月頃に郵送します。

ヒブワクチン

対象年齢

生後2カ月から5歳の誕生日前日までのかた

接種回数

接種を開始する月齢により接種回数が異なります。

  • 2カ月以上7カ月未満接種回数4回(初回3回と追加接種1回)
  • 7カ月以上12カ月未満接種回数3回(初回2回と追加接種1回)
  • 1歳以上5歳未満1回

予診票の交付時期

  • 初回接種の予診票は生後1カ月頃に3枚郵送します。
  • 追加接種の予診票は1歳の誕生月頃に1枚郵送します。

小児用肺炎球菌ワクチン

対象年齢

生後2カ月から5歳の誕生日前日までのかた

接種回数

接種を開始する月齢により接種回数が異なります。

  • 2カ月以上7カ月未満接種回数4回(初回3回と追加接種1回)
  • 7カ月以上12カ月未満接種回数3回(初回2回と追加接種1回)
  • 1歳以上2歳未満2回
  • 2歳以上1回

予診票の交付時期

  • 初回接種の予診票は生後1カ月頃に3枚郵送します。
  • 追加接種の予診票は1歳の誕生月頃に1枚郵送します。

BCGワクチン

対象年齢

生後3カ月から1歳の誕生日前日までのかた
ただし、生後5カ月から8カ月の間に受けることが望ましい

接種回数

1回

予診票の交付時期

  • 予診票は生後1カ月頃に郵送します。

4種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳(ひゃくにちせき)・破傷風・ポリオ)

対象年齢

生後3カ月から7歳6カ月未満のかた

接種回数

1期初回20日から56日の間隔で3回
1期追加1期初回接種終了後、1年から1年半の間に1回

予診票の交付時期

  • 1期初回接種の予診票は生後1カ月頃に3枚郵送します。
  • 1期追加接種の予診票は1歳の誕生月頃に1枚郵送します。

不活化ポリオワクチン

対象年齢

生後3カ月から7歳6カ月未満のかた

接種間隔

1期初回20日から56日間隔で3回
1期追加1期初回接種終了後、1年から1年半の間に1回

生ポリオワクチンを1回投与しているかたは

1期初回20日から56日間隔で2回
1期追加1期初回接種終了後、1年から1年半の間に1回

注意事項

予診票は医療機関には置いていません。希望される場合は保健センターまでご相談ください。

麻しん風しんワクチン

対象年齢

1期接種日に生後1歳から2歳の誕生日前日までのかた
2期年長相当児のかた(平成23年4月2日から平成24年4月1日生まれのかた)

接種回数

麻しん風しん混合ワクチンを1回

注意事項

  • 既に麻しんワクチン又は風しんワクチンのの予防接種を受けている場合は、麻しん風しん混合(MR)ワクチンは受けられません。接種をしていない麻しん又は風しんのいずれかの単独ワクチン接種を受けることになります。
  • 単独予防接種を希望する場合は必ず各保健センターにお問い合わせください。

予診票の交付時期

1期の対象者には1歳の誕生月頃に予診票を1枚郵送します。
2期の対象者には4月頃に予診票を1枚郵送します。

日本脳炎ワクチン(1期)

対象年齢

生後6カ月から7歳6カ月未満のかた
標準接種年齢は3歳からになります。

接種回数

1期初回6日から28日間隔で2回
1期追加1期初回接種後おおむね1年後に1回

予診票の交付時期

  • 3歳になる前に3枚予診票を郵送します。

日本脳炎ワクチン(2期)

対象年齢

平成19年4月2日生まれ以降で9歳から13歳の誕生日前日までのかた

接種回数

1回

予診票の交付時期

9歳誕生月頃に予診票を1枚郵送します。

日本脳炎ワクチン(特例対象者)

対象年齢等

平成9年4月2日から平成19年4月1日生まれのかたで、日本脳炎予防接種(合計4回の接種)に不足分があるかた
20歳未満の間に、4回の接種のうち不足分を接種できます。(ただし、4回目は9歳以上)

接種を希望するかたの手続き

母子健康手帳を持参し、保健センターで予診票の発行をうけてください。

2種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)

対象年齢

11歳以上13歳の誕生日前日までのかた

接種回数

1回

予診票の交付

11歳の誕生月頃に予診票を郵送します。

子宮頸(けい)がん予防ワクチン(現在、積極的勧奨を見合わせています)

詳しくは「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。なお、接種ご希望のかたは保健センターまでご連絡ください。

対象年齢

小学6年生から高校1年生の女子のかた

接種回数等

6カ月の間に3回

注意事項

予診票は医療機関には置いていません。希望される場合は保健センターまでご相談ください。

水痘(すいとう)(水ぼうそう)ワクチン

対象年齢

1歳から3歳誕生日前日までのかた

接種回数

2回(1回目の接種から6カ月から12カ月あけて)

予診票の交付

対象者には1歳誕生月頃に予診票を2枚郵送します。

おたふくかぜワクチン

助成金額

医療機関で定める接種料金のうち、2,500円を1回助成します。
医療機関で2,500円を差し引きますので、差額のみお支払ください。

なお、接種料金は医療機関ごとに異なります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

対象年齢

1歳から年長児(平成23年4月2日から平成24年4月1日生)のかた

助成期間

平成29年度年長相当児は平成30年3月31日までが助成期間です。

予診票の交付

対象者には1歳誕生月頃に予診票を1枚郵送します。

ロタウイルスワクチン

助成金額

医療機関で定める接種料金のうち、以下の金額を助成します。

  • ロタリックス(1価)1回目、2回目ともに5,000円
  • ロタテック(5価)1回目と2回目は3,000円、3回目は4,000円

医療機関でそれぞれの助成金額を差し引きますので、差額のみお支払ください。

なお、接種料金は医療機関ごとに異なります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

対象年齢

  • ロタリックス(1価)生後6週から24週(24週0日)まで
  • ロタテック(5価)生後6週から32週(32週0日)まで

初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されています。早期産児においても同様に接種することができます。

週齢が高くなるにつれて、腸重積などの重い副反応を起こす割合が高くなる場合があります。

ロタウイルスワクチンを接種後1週間は特に腸重積などの副反応が出やすいので、お子さんを注意深く観察してください。

予診票の交付時期

予診票は生後1か月頃に3枚郵送します。ロタテックを接種する場合は、ロタテック3回目専用の予診票を使用ください。ロタリックスを接種する場合は、3枚目の予診票は必要ありません。

受ける際の週数の数え方の例(平成29年4月5日生の場合)

ロタリックス(1価)を希望される場合

生後6週からとは、5月17日(水曜日)からです。

初回接種が推奨される生後14週6日までとは、7月18日(火曜日)までとなります。

生後24週0日(生後168日)までとは、9月20日(水曜日)までとなります。

つまり、ロタリックスを接種できるのは、5月17日(水曜日)から9月20日(水曜日)までの間となります。

ロタテック(5価)を希望される場合

生後6週からとは、5月17日(水曜日)からです。

初回接種が推奨される生後14週6日までとは、7月18日(火曜日)までとなります。

生後32週0日(生後224日)までとは、11月15日(水曜日)までとなります。

つまり、ロタテックを接種できるのは、5月17日(水曜日)から11月15日(水曜日)までの間となります。

接種回数

  • ロタリックス(1価)4週以上の間隔をあけて2回
  • ロタテック(5価)4週以上の間隔をあけて3回

同じ種類のワクチンで規定の回数を接種してください。途中でワクチンの種類を変えることはできません。

その他

同じ種類のワクチンで規定の回数を接種してください。途中でワクチンの種類を変えることはできません。

ワクチンの種類は医療機関ごとに異なりますので、医療機関に確認してください。

ロタウイルスワクチンについて詳しくはロタウイルス予防接種の費用の一部を助成していますをご覧ください。

小児委託医療機関

市内小児委託医療機関

接種ができる委託医療機関の情報については以下のリンクをご覧ください。

定期予防接種県内委託医療機関

平成26年10月1日から茨城県内定期予防接種広域事業がはじまりました。
この制度は、県内委託医療機関であれば茨城県内どこでも定期予防接種が受けられます。
県内小児委託医療機関のリストは茨城県医師会茨城県内定期予防接種広域事業(一般向け)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)に掲載されています。

市外で接種する場合の手続きおよび流れ

市外で接種する場合は、必ず事前手続きが必要です。

  1. 事前に医療機関に確認の上、接種前に保健センターへ来所する。取手市の予診票を申請し交付を受ける。お手元に取手市の予診票がある場合は電話での申し込みも可能。
  2. 母子健康手帳・取手市が交付した予診票、住民確認のための被保険者証を持参し、医療機関を受診する。
  3. 医療機関は接種内容を確認し、被保険者証で住民であることを確認後、ワクチンを接種する。母子健康手帳に記載をする。

(注意)医療機関に取手市の予診票は置いていません。予診票を忘れた場合は予防接種を接種することができません。取手市が交付した予診票を必ず持参してください。

任意予防接種県内委託医療機関

平成27年4月1日から守谷市や利根町等の一部医療機関で、おたふくかぜワクチンやロタウイルスワクチンを接種できることになりました。

接種ご希望のかたは事前に保健センターに連絡し、医療機関に確認の上、必ず母子健康手帳と市が交付した予診票を持って医療機関を受診ください。

(注意)医療機関に取手市の予診票は置いていません。予診票を忘れた場合は予防接種を接種することができません。取手市が交付した予診票を必ず持参してください。

おたふくかぜワクチン・ロタウイルスワクチンともに接種可能な医療機関

守谷市
  • えのもと小児科(守谷市松ヶ丘)電話番号0297-45-2121
  • カリオクリニック(守谷市松前台)電話番号0297-48-8448
  • 川島クリニック(守谷市けやき台)電話番号0297-46-3273
  • しばたキッズクリニック(守谷市立沢)電話番号0297-21-0811
  • 下村医院(守谷市本町)電話番号0297-48-0078
  • 竹内医院(守谷市みずき野)電話番号0297-48-6077
  • 寺本こども赤ちゃんクリニック(守谷市立沢)電話番号0297-44-5563
  • もりや小児科医院(守谷市松ヶ丘)電話番号0297-20-6737
  • 守谷メディカルクリニック(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-47-0213
  • ゆりがおかクリニック(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-47-1144

おたふくかぜのみ接種可能な医療機関

つくばみらい市
  • 伊奈クリニック(つくばみらい市板橋)電話番号0297-20-7755
守谷市
  • さとう内科・脳神経外科クリニック(守谷市野木崎)電話番号0297-21-1710
  • よしみ内科胃腸科医院(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-48-4891
  • 立沢クリニック(守谷市立沢)電話番号0297-45-7798

インフルエンザ予防接種の費用を一部助成します

10月からインフルエンザ予防接種の助成を開始しますのでご活用ください。

助成対象者と助成額

対象年齢及び助成回数

  • 生後6カ月から13歳未満は2回まで助成
  • 13歳以上、中学3年生は1回のみ助成

助成金額

医療機関で定める接種料金のうち、1回1500円を年齢に応じて2回まで助成します。
医療機関で1500円を差し引きますので、差額のみお支払ください。

なお、接種料金は医療機関ごとに異なります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

助成期間

平成29年10月1日(日曜日)から平成30年1月31日(水曜日)で医療機関が開設している日まで

助成の受け方

  • 小児委託医療機関で接種するかた
    予診票は医療機関に準備していますので、住所、生年月日が確認できる保険証等をお持ちください。

小児委託医療機関

市内小児委託医療機関

接種ができる委託医療機関の情報については以下のリンクをご覧ください。

市外小児委託医療機関

つくばみらい市
  • 伊奈クリニック(つくばみらい市板橋)電話番号0297-20-7755
守谷市
  • えのもと小児科(守谷市松ヶ丘)電話番号0297-45-2121
  • 貝塚みずき野クリニック(守谷市みずき野)小学生から実施電話番号0297-21-1221
  • カリオクリニック(守谷市松前台)電話番号0297-48-8448
  • 川島クリニック(守谷市けやき台)3歳から実施電話番号0297-46-3273
  • 草間クリニック(守谷市高野)1歳から実施電話番号0297-45-3800
  • さとう内科・脳神経外科クリニック(守谷市野木崎)電話番号0297-21-1710
  • しばたキッズクリニック(守谷市立沢)電話番号0297-21-0811
  • 下村医院(守谷市本町)電話番号0297-48-0078
  • 竹内医院(守谷市みずき野)電話番号0297-48-6077
  • 立沢クリニック(守谷市立沢)電話番号0297-45-7798
  • 寺本こども赤ちゃんクリニック(守谷市立沢)電話番号0297-44-5563
  • 永瀬内科(守谷市松並)小学生から実施電話番号0297-48-2000
  • もりもとクリニック(守谷市薬師台)5歳から実施電話番号0297-45-3500
  • もりや小児科医院(守谷市松ヶ丘)電話番号0297-20-6737
  • 守谷メディカルクリニック(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-47-0213
  • ゆりがおかクリニック(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-47-1144
  • よしだ胃腸内科クリニック(守谷市本町3304)3歳から実施電話番号0297-48-0007
  • よしみ内科胃腸科医院(守谷市百合ヶ丘)電話番号0297-48-4891
利根町
  • 服部内科医院(利根町布川)小学生から実施電話番号0297-84-6063
  • 山中医院(利根町中田切)3歳から実施電話番号0297-68-7287

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。