現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防のお知らせ > 食中毒を予防しましょう

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年9月15日

食中毒を予防しましょう

腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生しています。また、作り置きのカレーなどから発生するウエルシュ菌の食中毒も話題になりました。家庭での食中毒を防ぐのは、調理する皆さん自身です。3つの原則で食中毒を防ぎましょう。

食中毒予防の3原則「細菌をつけない」・「細菌を増やさない」・「細菌をやっつける」

細菌をつけない(清潔・洗浄)

  • 調理道具やフキンなどは、よく洗って清潔なものを使いましょう。生肉を切った後や一日の終わりに、熱湯や漂白剤等を使って消毒しましょう。
  • 調理前、調理中など、手はこまめに洗いましょう。特に生ものをさわった後は、石鹸を使ってしっかり手を洗いましょう。

細菌を増やさない(迅速・冷却)

  • 購入した食品は、帰宅したらすぐに冷蔵庫や冷凍庫で保管しましょう。
  • 調理は迅速に。調理後は早めに食べきりましょう。
  • 大量に作り置きした食品を、そのまま数時間から一晩放置しないようにしましょう。

細菌をやっつける(加熱・殺菌)

  • 加熱して食べる食品は、生焼けにならないよう中心部まで十分に加熱しましょう。
  • 冷蔵庫や賞味期限を過信せず、食品の色やにおいがおかしいと思ったら、思い切って処分しましょう。

二次感染を予防しましょう

家庭内で食中毒にかかった人が出たときには、その人の便や吐物からの二次感染を起こすことがあります。感染を広げないように注意しましょう。

  • トイレの後や、手に糞便や吐物がついたときには石鹸で手を洗い、消毒しましょう。
  • 下痢の症状がある場合、お風呂は同居のかたが入り終わった後で、最後に入りましょう。
  • お風呂の水は毎日取り換えましょう。
  • 食中毒にかかったかたの便が衣服についたときは、漂白剤や消毒剤で消毒し、家族のものとは別に洗濯して、日光で十分乾かしましょう。

食中毒にかかったかなと思ったらすぐに病院へ行きましょう

食中毒の症状は、吐き気・嘔吐・下痢・発熱・唇のしびれ等です。
自己判断で薬を飲まずに、いつ、どこで、何を食べたかを把握しておいて、吐いた物や原因と思われる食品を持って医師の診察を受けましょう。

参考に下記のサイトをご覧ください

厚生労働省腸管出血性大腸菌O157等による食中毒(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

厚生労働省細菌による食中毒(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。