現在位置 ホーム > くらしの情報 > 環境・衛生 > ペット > 久賀小学校で「命の授業」を開催しました

印刷する

更新日:2021年3月1日

ここから本文です。

久賀小学校で「命の授業」を開催しました

取手市動物愛護協議会主催により「命の授業」を開催しました

令和3年2月25日、久賀小学校6年生児童を対象に児童文学作家 今西乃子氏を招いて「命の授業」を開催しました。これは、昨年取手市動物愛護協議会委員のお一人から市内の全小中学校に今西氏の著書を寄贈したところ、久賀小学校児童より今西氏に質問が寄せられたことから、同小学校で開催されることとなったものです。

今西氏は「命を捨てるのも人間、救うのも人間。どちらの大人になったほうがみんなは自分が好きって言えますか?幸せって思えますか?」と問いかけ、児童は長時間にもかかわらず真剣に今西氏の話に聞き入っていました。

kouen3

取手市動物愛護協議会 副会長 挨拶

二人の児童から今西先生に感想文を渡している

講演会の冒頭、児童より今西氏へ著書の感想文が渡されました。

今西先生が講義をしている

命の大切さを語る今西氏

6年生児童の前で講義をしている

児童は熱心に講義に耳を傾けていました。

 

児童の前で講義しています

 

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

取手市動物愛護協議会主催により、久賀小学校6年生児童を対象に「命の授業」を開催しました。

広告エリア

広告募集要綱