現在位置 ホーム > 市政情報 > 広聴・広報・情報公開 > パブリックコメント > 平成29年度の意見公募(パブリックコメント)実施案件名(意見募集結果) > 「取手市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部改正(案)」意見募集結果

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月5日

「取手市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部改正(案)」意見募集結果

「取手市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部改正(案)」について、平成29年8月15日から平成29年9月15日まで意見募集をした結果、8件のご意見をいただきました。
提出いただいたご意見とこれに対する市の考え方を公表します。
提出いただいたご意見は、原文公表を基本としております。ただし、個人情報、個人や団体等に対する誹謗中傷及び公序良俗に反するもの、第三者の利益を害するおそれがあるものと実施機関が判断した部分などについては公表いたしておりません。

提出意見と市の考え方及び反映結果

意見の趣旨が既に案に盛り込まれているもの

提出意見

埋立説明会の開催に関しては,地権者や近隣住民に余裕を持った日程で行って欲しい。

上記意見への市の考え方

取手市では事業概要を記した標識を説明会開催の30日以上前に設置すると規定しています。これについては,十分な周知期間と考えます。

提出意見

埋立業者が提出した地権者の同意書は取手市でも本物か確認して欲しい。

上記意見への市の考え方

事業主(土地所有者)の同意書への押印は印鑑登録したものを押印することとしております。合わせて印鑑証明書を提出させ,同意書の信憑性の確保に努めております。

今後の取り組みにおいて参考にするもの

提出意見

埋立て現場までの搬入路沿いの住民にも十分な説明を行うよう指導して欲しい。

上記意見への市の考え方

事業主(土地所有者),事業施行者として周辺関係者への十分な説明は当然の責務です。今改正では事前協議制度を設けます。事前協議の中で搬入路については幅員等を確認します。必要に応じて,搬入路沿いの住民へ説明を行うよう指導します。

提出意見

「取手市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」の目的に,「市民の生活環境を保全すること」とあります。埋立て後の,水路の管理(取手市)及び,土地の所有者に対する指導(盛土点検,補修等)よろしくお願いします。

上記意見への市の考え方

埋め立て後の市が管理する部分は,市の各所管にて対応します。事業主(土地所有者)に対する指導は,必要に応じて実施します。

提出意見

業者の埋立て計画そのものが,地域の現状を把握していない部分が多い。米ノ井においても敷地の幾分低くなっている家があり,当初の予定だと敷地よりも高く埋め立てる計画であった。

大雨の時の危険性が感じられ,当時市を通じて何度も計画の変更の要請をしてやっと幾分低くなったということもあった。計画のままだったとしたら大変な問題になっていたのでないかと思う。

市のほうでも業者の言い分を聞くだけでなく,計画を詳細に検討してほしい。市と業者での様々な噂を聞いたこともある。また,市は埋立て工事の終了後の状況を定期的に,また詳細に確認してほしい。そして不都合が生じた場合は住民に不都合にならないように最後まで対処してほしい。例として,米ノ井の埋立て工事において,様々な不都合が多々生じている。

1.土地に高低差があったため,昔から水が湧き出てたまって池となっているところが3カ所くらいあったが,そこも埋立ててしまったため,近辺に湧き水が流れており,不便が生じている。埋立て前と水の流れがかわってしまった箇所がすぐにでも3カ所思い浮かべられる。当時地区の役員をしており,業者にはその旨意見を述べたのであるがまったく反映されなかった。計画の中で容易に予測出来たことだろうと思う。2.用水として流れていた部分を埋立ててしまったため,今まで水のなかったところにまで水がたまるようになってしまっている。(道路の下を細いパイプを通して流すようにしてあるが,当初の予想通り,搬入口がすぐにつまってしまった。)こういう状況を誰がどのように改善していくのか?3.排水の無理な工事のため大きな溝?,堀?ができてしまい幼児などが落ちる危険性も感じられる。

最後に埋立てとは関係ないかもしれないが,業者の言い分を丸々信用して欲しくない。自分が地域の役員をしているとき,自分が言ってもいないことを業者に言ったとされ,それが市の部長さん?を通じて議会でも取り上げられたとのこと。その話を他から聞いて激しい怒りを覚えた。

上記意見への市の考え方

今改正では事前協議制度を設けます。これにより,市は許可申請前に事業計画の内容を把握することができるようになります。事前協議では事業施行者,事業主(土地所有者)双方から事業目的等を聴取し,事業計画の全容把握に努めます。事業計画については,各課から意見を確認し,地域の現状に応じて,事業計画の修正,周辺関係者への配慮等を求めます。埋立て工事完了後,市が管理する部分は市の各所管にて対応します。その他の土地等の管理は,各々の管理者にて行ってもらいます。

案に反映できないもの

提出意見

取手市の豊かな自然環境の保全のために,土砂等の移動は茨城県内の物に限定し県外からの搬入を禁止してほしい。

上記意見への市の考え方

今改正では県外土砂等は禁止としません。近隣自治体の今後の禁止状況を注視します。

提出意見

取手市が許可する埋立説明会には,取手市職員も同席して欲しい。

上記意見への市の考え方

市は同席いたしません。近隣住民への説明は事業主(土地所有者),事業施工者が責任を持って行うものです。

提出意見

埋立て事業が途中終了となる場合も考え,市の所有物を一時的でも破壊する可能性がある場合は供託金制度なども考えて欲しい。

上記意見への市の考え方

近隣自治体の今後の動向を注視します。

意見公募によって提出いただいた意見及び反映結果一覧

提出いただいた意見と市の考え方及び反映結果を一覧にしたものは、以下のファイル名をクリックしてください。
「取手市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の一部改正(案)」意見公募によって提出いただいた意見及び反映結果(PDF:111KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。