現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 踏切を歩行者が安全に渡れるようになりました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年1月18日

踏切を歩行者が安全に渡れるようになりました

歩行者通行帯をカラー化して歩行者の安全が向上しました

昨年度に引き続き、JR東日本と協議をし今年度は清水の「落とし踏切」と谷中の「旧陸前浜街道踏切」の2箇所のカラー舗装を実施しました。これにより車両と歩行者の通行区分が明瞭になり歩行者が安全に渡れるようになりました。

写真でみる作業前と作業後の様子

落とし踏切

カラー舗装前

清水「落とし踏切」のカラー化前の写真。線路と歩行者の通行帯に色による識別がされていない。

  

カラー舗装後

清水の「落とし踏切」のカラー舗装後写真。歩行者の通行帯が緑色、中央の車両通行帯が赤色で舗装された様子。

 

一部プラ版にて施工しています。

清水の落とし踏切のカラー舗装の一部がプラ版で加工されている画像。

 

旧陸前浜街道踏切

カラー舗装前

谷中の「旧陸前浜街道踏切」のカラー舗装前の写真。線路と歩行者通行帯の間に黄色と白のラインが引かれている。

カラー舗装後

谷中の「旧陸前浜街道踏切」のカラー舗装後写真。歩行者の通行帯が緑色で分かり易く舗装された様子。

昨年度行われた踏切のカラー化

昨年度行われた踏切のカラー化は下記のリンクからご覧いただけます。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

管理課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-2682

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。