現在位置 ホーム > くらしの情報 > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税の税率変更が正式決定しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月28日

軽自動車税の税率変更が正式決定しました

平成27年度軽自動車税の税率変更と平成28年度からの経年車の重課税

平成26年度税制改正により、平成27年4月1日から軽自動車税の税率変更が行われます。
平成28年度より三輪および四輪以上の軽自動車については、最初の新規検査から13年を経過した車両に対して標準税率の概ね20パーセントの重課税を行います。

地方税法改正により「二輪車に係る税率の引き上げの実施時期を平成27年4月1日から、平成28年4月1日に1年延期」や「平成27年度に新規取得した軽四輪等について燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)の導入」が決定されました。

原動機付自転車(125cc以下)

種別と税額

  • 総排気量50cc以下のもの 旧税率 1,000円 新税率 2,000円
  • 総排気量50cc超90cc以下のもの 旧税率 1,200円 新税率 2,000円
  • 総排気量90cc超125cc以下のもの 旧税率 1,600円 新税率 2,400円
  • ミニカー(3輪以上のもので総排気量20cc超50cc以下)旧税率 2,500円 新税率 3,700円

(注意)地方税法の改正により実施時期が1年延長され、平成28年度からの税率変更となります。

原動機付自転車の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

50cc以下

1,000円

2,000円

50cc超90cc以下

1,200円

2,000円

90cc超125cc以下

1,600円

2,400円

ミニカー

2,500円

3,700円

小型特殊自動車

種別と税額

  • 農耕作業用で2輪のもの(耕運機) 旧税率 1,600円 新税率 種別 農耕作業用 2,400円
  • 農耕作業用で4輪のもの(トラクター・コンバイン)1,000cc以下 旧税率2,400円 新税率 種別 農耕作業用 2,400円
  • 農耕作業用で4輪のもの(トラクター・コンバイン)1,000cc超 旧税率 3,100円 新税率 種別 農耕作業用 2,400円
  • 特殊作業用フォークリフト 旧税率 4,700円 新税率 5,900円

(注意)地方税法の改正により実施時期が1年延長され、平成28年度からの税率変更となります。

小型特殊自動車の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

農耕作業用二輪

1,600円

2,400円

農耕作業用四輪1,000cc以下

2,400円

2,400円

農耕作業用四輪1,000cc超

3,100円

2,400円

特殊作業用フォークリフト

4,700円

5,900円

二輪車

種別と税額

  • 二輪の小型自動車(250cc超、車検制度のあるバイク等) 旧税率 4,000円 新税率 6,000円
  • 軽二輪(125cc超250cc以下のバイク、ボートトレーラー等) 旧税率 2,400円 新税率 3,600円

(注意)地方税法の改正により実施時期が1年延長され、平成28年度からの税率変更となります。

二輪車の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

250cc超、車検制度のあるバイク等

4,000円

6,000円

軽二輪の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

125cc超250cc以下のバイク、ボートトレーラー等

2,400円

3,600円

軽自動車(四輪)

登録日によって税率が変わります

  • 平成27年4月1日以降に最初(新車)の新規検査を受ける車両から税率が上がります。
  • 平成27年3月31日までに最初(新車)の新規検査を受けた場合、税率は変わりません。
  • 平成27年度に税率が上がる車両は、平成27年4月1日に最初(新車)の新規検査をした車両。
  • 平成28年度以降に税率が上がる車両は、平成27年4月2日以降に最初(新車)の新規検査をした車両。
  • 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規取得した一定の環境性能を有する軽四輪等について、その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)の導入。(平成28年度のみ実施)

種別と税額

  • 三輪のもの 旧税率 3,100円 新税率 3,900円
  • 四輪以上の自家用(乗用) 旧税率 7,200円 新税率 10,800円
  • 四輪以上の自家用(貨物) 旧税率 4,000円 新税率 5,000円
  • 四輪以上の営業用(乗用) 旧税率 5,500円 新税率 6,900円
  • 四輪以上の営業用(貨物) 旧税率 3,000円 新税率 3,800円
軽自動車三輪の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

三輪

3,100円

3,900円

軽自動車四輪の旧税率と新税率(年額)

 

旧税率

新税率

自家用(乗用)

7,200円

10,800円

自家用(貨物)

4,000円

5,000円

営業用(乗用)

5,500円

6,900円

営業用(貨物)

3,000円

3,800円

経年車に係る重課税率

平成28年4月1日より新規登録から13年を経過した車両に対して標準税率の概ね20パーセントの重課税を行います。

種類と税額

  • 三輪のもの 4,600円
  • 四輪以上の自家用(乗用) 12,900円
  • 四輪以上の自家用(貨物) 6,000円
  • 四輪以上の営業用(乗用) 8,200円
  • 四輪以上の営業用(貨物) 4,500円

対象から除外される車両

  • 電気軽自動車
  • 天然ガス軽自動車
  • メタノール軽自動車
  • 混合メタノール軽自動車
  • ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車
  • 被けん引自動車

今回の税制改正のよくある質問

質問 平成14年5月に軽四輪乗用・自家用車を新車で購入しました。平成27年度からの軽自動車税はどうなるのでしょうか。

答え 平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた軽自動車に該当するため、平成27年度からの軽自動車税は引き続き年額7,200円となります。

また、最初の新規検査を受けた月から起算して13年を経過した翌年度である平成28年度以降は、重課税率が適用され、年額12,900円となります。

質問 平成27年5月頃に軽四輪乗用・自家用車を新車で購入しようと考えています。今後の税額はいくらになりますか。

答え 車検証の初度検査年月が(平成27年5月)と記載されている場合、平成27年4月1日以後に、最初の新規検査を受けた軽自動車に該当するため、平成28年度から軽自動車税が年額10,800円課税されます。

また、最初の新規検査を受けた月から起算して13年を経過した翌年度、平成41年度以降は、重課税率が適用され、年額12,900円となります。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

課税課(市民税)

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。