現在位置 ホーム > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 小学生と「人権」について考えよう

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年8月13日

小学生と「人権」について考えよう

人権擁護委員は法務大臣から委嘱され、全国で約14,000名の委員が、地域の皆さんから人権相談を受け、被害者を救済したり、人権について関心をもってもらえるような啓発活動をしています。

取手市を担当する11名の人権擁護委員も、毎月の相談日に、市民からの人権侵害、近隣・家庭内の困りごと等の相談を受けています。また、市内の小学校や団体等を訪問し人権教室を開催したり、市のイベントや街頭で人権に関する様々な啓発活動を行っています。

このページでは、人権擁護委員の小学生に向けた啓発活動を紹介します。

小学生が人権の花運動に取り組んでいます

「人権の花」運動は、花の種子、球根などを、児童が協力し合って育てることを通じて、協力・感謝することの大切さを生きた教育として学び、生命の尊さを実感する中で、人権尊重思想を育み、情操をより豊かなものにすることを目的として法務省が行っている運動です。

取手市では、平成28年度に藤代小学校と寺原小学校の2校の児童が、人権の花を育ててくれました。また、平成30年度は高井小学校と宮和田小学校の2校の児童が、人権の花を育てる運動に取り組みます。

法務省の人権の花運動のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

藤代小学校と寺原小学校にお礼の花の苗を届けました

平成28年度に人権の花を育ててくれた藤代小学校と寺原小学校の2校へ、水戸地方法務局長及び茨城県人権擁護(ようご)委員連合会長からお礼の花の苗が贈呈されました。

平成30年5月17日に人権擁護委員が両校を訪問し、花の世話を担当してくれた児童の皆さんと学校の先生へ、お礼のお花の苗を手渡しました。写真は、藤代小学校を訪問した時の様子です。

藤代小学校の昇降口前でオレンジ、赤、黄色の花が咲いたプランターを前に置き撮った生徒たちとの集合写真

高井小学校と宮和田小学校に人権の花の種子を届けました

平成30年5月17日に人権擁護委員が高井小学校と宮和田小学校の2校を訪問し、人権の花の世話を担当する児童の皆さんと学校の先生へ、人権の花の種子とプランター、培養土等を手渡しました。写真は、高井小学校と宮和田小学校を訪問した時の様子です。

高井小学校昇降口前で撮った人権の花のプレートや白いプランターを持った生徒たちとの集合写真

宮和田小学校昇降口前で撮った人権の花のプレートを持った生徒達との集合写真

放課後子どもクラブで「夏休み人権教室」を開催しました!

取手市を担当する人権擁護委員と広報広聴課職員が平成30年8月3日と8日から10日までの計4日間、取手地区の小学校8校の夏休み子どもクラブを訪問し、3年生から6年生を対象に夏休み人権教室を開催しました。

「人権」って何だろう?

今年で5回目を迎える「夏休み人権教室」は、人権擁護委員と市民相談室職員の自己紹介からスタートし、続いて「人権」「擁護」「委員」の言葉のカードを見せながら、だれもが幸せに暮らすために人権を守ることが大切というメッセージと、人権擁護委員の役割を小学生にもわかりやすく説明しました。

教室で生徒たちに人権擁護委員の説明をする3人の人権擁護委員

人権啓発アニメ「勇気のお守り」を視聴

法務省人権擁護局が作成した「いじめ」をテーマとした人権啓発アニメ「勇気のお守り」を視聴しました。この作品は、子どもたちをめぐり、学校または身近な生活の中で起こり得る様々な問題の中で、「いじめ」等の人権問題をわかりやすいように、アニメーションにして作成したものです。いじめは人権侵害であること、相手を思いやる気持ちや、勇気を出して先生や保護者等周囲の大人に相談することが問題解決になることに気づいてもらうことがテーマとなっています。上映中は、一人一人が画面に見入って、場面によって悲しそうな表情になったりにこやかになったりと、真剣に視聴していました。

教室でいじめをテーマとした人権啓発アニメビデオを視聴する生徒たちの様子

人権擁護委員と子どもたちが一緒に考えました

アニメを視聴した後は、アニメの登場人物たちの行動や、そこに込められたメッセージについて、人権擁護委員と子どもたちが一緒になって考えました。

教室内で女性の人権擁護委員3人が、生徒たちにアニメで学んだ言葉を復習してもらっている様子

教室内で男性と女性の権擁護委員が生徒たちに人権についてのパネルを使ってアニメで学んだ人権について復習している様子

また、人権イメージキャラクター「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」のパペット人形を使って、自分の考えや思いを相手に伝えることの大切さを実演しました。

教室内で2人の女性人権擁護委員が人権イメージキャラクター人形を使って生徒たちに相手に思いを伝えることの大切さなどを教えている様子

人権イメージキャラクターの啓発グッズをプレゼント

最後に、人権啓発活動の一環として、「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」の啓発グッズを子どもたち一人一人へ手渡ししました。

子どもたちは口々に「ありがとう!」と言いながら、「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」の啓発グッズを受け取っていました。

人権擁護委員が生徒たちに人権啓発グッズのマスコット人形を配布している様子

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

広報広聴課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱